JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

Rewindあの日

今年もこの季節がやってきましたw

2017poster.jpg

フルサイズミラーレス機の普及により、いままで陽の目を見なかったマイナーなオールドレンズまで高騰している中古市場。そろそろコンタックスNレンズまで上がりそうな勢いw

レンズやカメラの善し悪しもわからない大陸の人たちが買い漁ってしまって、日本のオールドレンズ市場は枯渇状態なので、最近の中古カメラ市はあまり面白みがなくなってきたのですが、初回から通っているこのカメラ博は行ってみようかな。

お時間ある部員は参加してください。

ーーーーーーーーーーーーーーキリトリーーーーーーーーーーーーーーーーー

「我々は現在、ニコンの強みを活かした新しいミラーレスカメラを開発しており、究極の光学性能、画像処理技術、強度と耐久性、操作性を備えた顧客の期待する性能を提供する」

ニコンがとうとう本格的なミラーレス機を開発しているらしい。

はてさてどんなカメラになるのでしょうか?APS-Cなのかフルサイズなのか?
本格的なショートフランジバックの新マウント機なのか、はたまたペンタプリズムとミラーボックスを排除しただけのFマウント機なのか?

前者だとしたら今ニコンには、FマウントとNikon1マウントがあるので第三のマウントとなるのだろう。
う〜ん・・・どっかにも同じようなメーカーがあったなぁ・・・。
しかし、これでコケるとホントにフジの傘下になってしまうかもしれない(笑。

後者だとしたら、K-01にEVFが付いたようなカメラになるのだろうか。
ニコンはNikon1にEVF機もあるので、この辺は大丈夫だろう。
誕生から普遍のFマウントはニコンの最大の強みだが、最大の弱みでもある。
ロングフランジバックと小口径は、光学系にも限界があるため、今回ニコンの言う「究極の光学性能」に対応するには新マウントになるのだろう。

センサーサイズも気になるところだが、手ぶれ補正がボディ側とレンズ側どちらに搭載されるのかも気になる。
ただマウント口径の小さいFマウントでは、ボディ内補正に出来ない理由もいくつかある。

同じく口径の小さいフジフイルムがボディ内手ぶれ補正と搭載しない理由として「Xマウントは、センサーがシフトしたときに周辺部の光量が落ちるため、ボディ内手ブレ補正を搭載できない。デジタル補正することはできるかもしれないが、画質に妥協できないので、そのようなことはしたくない」と言っている。

一般的にレンズ内手ぶれ補正に比べれば、ボディ内手ぶれ補正の方が画質への悪影響は少ないと言われている。
これはレンズ内補正の方は必ず光学系を一枚以上余分に挟まなければならないので、レンズ内補正はボディ内補正に比べて物理的に画質が低下する要因が多いと言われる。

ただ望遠レンズではレンズ内補正の方が絶対的に有利であり、ボディ内補正の場合、センサーユニットが数百グラム単位で重くなるデメリットもある。

しかしボディ内補正であれば、必要なければ手ぶれ補正をオフにすればよいのだから、ソニーのように望遠系のレンズには手ぶれ補正を搭載して、広角系はボディ内補正でまかなうと言うのがベストなのだろう。

なんにせよ、P社のような末路にならないように祈るしかない(笑。
 
 

君が扇いでくれた

あ゛ぁぁ〜

DSC00577.jpg

自転車のスポークが折れてるっ!!!!

異常にホイールが振れてるなと思ったら、後輪のスポークが1本だけ折れてました・・・orz

真っ直ぐに切れた切断面を見るからにイタズラではないようです。
もう10年以上乗っているし仕方ないか。

スポーク1本だけの交換ならたいした出費にはならないけど、他のスポークが折れるかもしれないし、ホイール交換となるとかなりの額になるので、新車に乗り換えるのとあまり変わらないかも。

シマノのコンポに買えてからも10年以上経つし、引っ越してから乗る機会も増えているから、そろそろ新しい自転車に替えるか・・・でも、なまじマウンテンバイクに凝っていた過去があるだけに、安い自転車が買えないんですよね〜(笑。

変速機のスムーズさとか、ブレーキのタッチだとか、駆動系のフィーリングだとか、クランクの長さとかまで気になる身体になっているんですよね・・・。

どうしましょ?
 
 

当たり障りのない話

某カメラ誌で「天下一カメラ2017」と題して、41台のデジタル一眼レフカメラを様々な項目を同条件で一気にテストしていました。

この評価がすべてではないですが、デジイチを購入する際に、どのメーカー、どの機種、メーカー内でもどのグレードにするかある程度の指標となるでしょう。

結果から言うと一番になった機種はソニー「α9」、ほとんどのシーンにおいて印象的な結果を残したと記載があり、AF-C性能では、キヤノンのフラッグシップモデル「EOS-1D X Mk2」を凌ぐ性能を見せたということで、ミラーレスカメラの大躍進がとならないと言ったところだ。

スポーツや報道シーンにあっても、もはやニコンとキヤノンの牙城を崩そうとしているといっても過言では無いかもしれない。
特にバドミントンや卓球、フィギュアスケートといった室内競技では、度々プレスカメラのシャッター音がうるさくて競技に集中できないと苦情が出ているので、サイレントシャッターを搭載した「α9」であればそういった問題もクリアできる。

2020年までに、サイレントシャッターのさらなる進化や、ソニーからゴーヨンやヨンニッパが登場すれば、東京オリンピックのプレス席はソニーが席巻するかもしれない。

次点は、ソニー「α7R2」とキヤノン「EOS 5D Mk4」ということで、 誌上では「α7R2」はバッテリーの持ちと操作性の二点を我慢できて、さらに「α9」の存在を完全に無視できるなら「α7R2」は最善の選択だと言っています。
自分が所有しているカメラだけにうれしかったですね。個人的には使用するレンズが、ほとんどマニュアルレンズなので操作性はあまり気にならないし、なぜかバッテリーも5個あるので持ちも気にならないので「α7R2」で充分ですね。
連写もほぼしないので「α9」は気にならないです。

「EOS 5D Mk4」については「面白みに欠ける」という点が次点の理由だと言う。そのひとつが今のキヤノンに強い訴求心のあるレンズが少ないと言うことが挙げられていた。
たしかにここ2,3年でキヤノンから発売されたLレンズは2本しかなく「EOS 5D Mk4」や「EOS 5DsR」に対応するレンズが少ないように思える。特に望遠系のレンズはすでに5年以上経ったレンズしか無く、ボディばかり進化してレンズがついて行っていない印象が強い。
しかしこの問題は、タムロンとシグマの良いレンズがフォローしてくれていると思えればクリアできるとも書いてあった。

ここで言えることは、フィルム時代から日本のカメラ市場を引っぱってきたニコンとキヤノンの「二強時代」が、デジタルカメラの成熟した今、ソニーとキヤノンの「二強時代」へ移ってきたのかもしれない。

フルサイズ機以外で言えば、ミラーレス機ではオリンパス「OM-D E-M1 Mk2」、ソニー「α6500」、フジフイルム「X-T2」の三台が紹介されていた。

「OM-D E-M1 Mk2」は高いコストパフォーマンスとシステム全体の耐候性が魅力で、非常に高い汎用性が特徴だと書かれていて、動画重視ならパナソニックの一択となるのですが、こと「写真を撮る」となればやはりオリンパスに軍配が上がるのだろう。

しかしその動画性能においても「α6500」の登場によりパナソニックの牙城が崩れる。高い基本性能と高解像度が「α6500」の魅力となる。

「X-T2」は、不安定なAE性能という弱点があるものの、絶対的なAPS-C機最高峰の画質性能とAF性能が選ばれた理由であり、それに加えコストパフォーマンスの高いレンズ群がシステム全体を引き上げている。

このテストで「D500」や「EOS 80D」といったAPS-C一眼レフカメラがあまり評価されなかったのは、カメラ本体の性能ではなくシステム全体を考えた場合の結果なのだろう。
誌上ではこう書いてある。「D500」や「EOS 80D」はどちらも素晴らしいカメラなのだが、それに見合った性能を引き出すにはフルサイズ用のレンズを選択することとなり、ボディの大きさも相まってAPS-C機なのにシステムをコンパクトに出来ない。
特にニコンはお家芸でもあるライヴビュー性能のイマイチさから、購入する際にいくつかの選択肢から選ぶのではなく、ニコンブランド決め打ちとなるので、オススメする対象にはならない。

ペンタックスは?

うーん、ボクもペンタックスが好きなので多くは語りませんが、気になる方は誌面をご覧ください(笑。
 
 

三番目の風

「ニコンを富士フイルムが救済?」

なんて記事が出ている。

以前は、東芝がニコンを買収とか言う記事(同じネタ元)が出回ったことがあったが、東芝は今ニコンどころの話じゃない。

凋落したニコンを「中国や韓国、台湾企業に代われるよりは」と、三菱東京UFJと経産省が仲立ちになり、富士フイルムにひっつけようとしているらしい。

さすが財閥系の企業は、お上が手助けしてくれるらしい(笑。

あまり知られていないが、ニコンは創業当時から、あの腐った三菱の傘下である。

不祥事続きで瀕死の状態の三菱だが、そのとばっちりをニコンも被ったことになるのだろうか?
それとも、その場しのぎの新商品ばかりで、殿様商売しているツケが回ったからか?

まぁ記事のネタ元は、ほとんどが話半分以下の記事ばかりらしいから、どこまで本当かわからないが、ニコンのネームバリューはまだまだ使い道があるから、ニコンが無くなることはないだろうが、そのうち背面液晶の縁に「FUJIFILM」のロゴが現れる日も近い?(笑。


サムヤンからソニーFE用のAFレンズ「AF35mm F2.8 FE」が発表された。

samyang_af35mmf28fe_2017060720104431d.jpg

ソニーから発売されている「Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA」と丸カブリだが、重量と全長以外、スペックもほとんど同じだ。

・レンズ構成:6群7枚(非球面レンズ2枚、高屈折レンズ1枚、ウルトラマルチコーティング)
・絞り羽根:7枚
・フィルター径:49mm
・最短撮影距離:0.35m
・最大撮影倍率:0.12倍
・重量:85グラム
・全長:33mm

価格が300ドル前後ということで、純正の半額程度になりそうで、ちょっと欲しいかもしれません。


もうひとつオススメのカメラアイテム。

102173_dm04.jpg

吉田カバン「PORTER」の「PORTER SNACK PACK」シリーズのストラップです。

PORTER SNACK PACKシリーズのバッグのショルダーストラップとして売られているのですが、カメラストラップとして使用することも出来ます。

今までは、カラーがブラックしか無かったのですが、最近新色の「オリーブドラブ」と「スカーレット」が発売になりました。

102173G0_s.jpg

本体生地は100デニールナイロンツイルの表面にシリコンシレーコートを施して生地の表面を非常に滑らかに仕上げ、裏面はウレタンコーティング3回引きを施したとてもしっかりした造り。

ボクも以前からブラックを使用しているのですが、シンプルで長さ調整も出来てとても重宝しています。
細めですがとてもしっかりした造りなので、フルサイズ一眼レフデジタルカメラに大口径標準スームレンズくらいの組み合わせなら充分に使えます。(さすがに望遠ズームはつらいですが)

お値段も手頃なので是非。
 
 

意外BREAK

近接でパチリ

DSC00661.jpg

全域で45cmまで寄れるので、かなり大きく撮せますね。
間違ってF8で撮ったのですが、やはり背景ボケはザワザワしてますねw
ただ驚くべきは、この画像がISO6400ということ。

DSC00652_20170531195537e89.jpg
F5.6 ISO6400
 
<- 07 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login