JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

不等号

時間があればと言っておきながら、欲望を抑えきれずビオゴンの試写もしてきましたw

g01-056.jpg
Biogon T* 28mm F2.8(Kodak ULTRAMAX 400)

完璧と言えるほどに補正されたディストーション。
高いコントラストと解像力が生み出す立体感ある描写。
どの紙面もこのレンズを紹介する記事は、必ずこの賞賛の言葉から入る。

g01-047.jpg


確かにレトロフォーカスで、ここまで歪曲収差が補正されているのは素晴らしい。
このレンズはネイチャー系よりも、街撮り(特に建築物)を撮るのが楽しい。

g01-058.jpg

あいにくの空模様で、せっかくの高コントラストが見られないが、解像力の高さは見ての通りだ。
プラナーは安いフィルムでユルく撮るのも楽しいが、このレンズはちゃんとしたフィルムで撮りたい。

g01-067.jpg


オマケ

あまり得意でないし、街中で90mmは使いづらいので、ベランダで猫写w

g01-028.jpg
Sonnar T* 90mm F2.8(Kodak ULTRAMAX 400)

ゾナー特有の柔らかいボケ味はもちろん、ヒゲの一本一本を写し出す描写力もさすが。
G1は90mmのAF精度がイマイチと言われるが、いやはや立派なもんですよ。
 
 

釣り堀

現在、個人売買仲介のため預かり中の「CONTAX G1」の試し撮りをしてきました。

電池を入れて動いたものの、露出やAFやSSなど、実際にフィルムで撮れるかチェックしないと売るに売れません。
とか言って。ホントは使ってみたいだけだったりして(笑。

g01-008.jpg
Planar T* 45mm F2(Kodak ULTRAMAX 400)

フィルムのせいなのか、レンズのせいなのか、なんとも昭和感たっぷりの写りをします。

g01-010.jpg

このレンズ、45mmと言っていますが、実際の焦点距離は46.9mmとほとんど標準レンズ。
主に50mmばかり使うボクには、違和感の無い画角でした。

g01-011.jpg

この浮遊感のある立体的な写りが、プラナーらしいというか、ツァイスらしいというか。
ウルトロンやリケノンのように、開放F2はやっぱいいですね。
仕上がりが楽しいです。

g01-012.jpg

最短撮影距離が50ミリと、若干長めですが、思ったよりも近寄れます。
コントラストが高くてシャープな写りと、プラナーらしい独特なボケ味。

g01-014.jpg

しかしこのカメラ、ファインダー内ではAFの合焦点がわからないため、どこにピントが合っているかわからないのが不安ですよね。
でもそれでも、この画が出てきたら楽しくてしょうがないですよね。

このレンズ、モノクロも楽しそうだなぁ。
ホント売るのが惜しくなってきたなぁ(笑。

今回は、プラナー45/2だけでしたが、時間があればディスタゴンとゾナーも試してみたいと思います。
 
 

サヨナラ 昨日の自分

トトロさんにレンズを渡すべく新宿へ出向く。
途中、ディスタゴンを試してみる。

前回は、α7で撮ってみたけど、今回はEOSで。

IMG_2643.jpg
EOS 6D + Distagon T* 2.8/25

IMG_2657.jpg

オリンパスギャラリーで、写真展をやっていたので覗いてみる。
どこかでみたような写真ばかり、男性が「市橋織江」や「かくたみほ」を真似すると
こうなる見本のような写真ばかりだった。

IMG_2665.jpg

まぁ、レンズ遊びばかりしているオレが言えた身分では無いが・・・
モチーフや色味がモノマネレベル、誰でも海外行けばこれくらい撮れそうだ。

IMG_2676.jpg

24mmでは広くて使いづらいが、25mmは丁度いい画角。
と、よく文献に書いてあったがその通りだと思った。
広角が楽しくなるレンズですよ。
 
 

あうんのキス

気のせいでしょうか、フィルムカメラでF8くらいまで絞れば、
ほぼパンフォーカスになるのに、デジタル一眼レフカメラでは、
F8〜11くらいまで絞っても、どこかアウトフォーカス(ボケ)な
ところがあるように思えるんですよね。

planar002.jpg
Canon EOS7s + Planar T*1.4/50

それは、デジイチの方がフィルムカメラよりもピントピークがシビアな所から
来ているのでしょうか?

planar010.jpg

ポートレートでの開放撮影でも、フィルム時代は「鼻か目か」というピント精度が、
デジタルになると「マツゲか瞳か」というレベルになっているといいます。

これが、絞った際の遠景でも、フィルムならF11でパンフォーカスになっていたのに、
デジタルでは高精細になったため、フィルムのような曖昧な部分がなくて、
いくら絞ってもどこかアウトフォーカス気味な箇所があるように見えるのでしょうか。
それとも、絞りすぎによる回折現象が影響しているのか。


 
 

ハレーション

標準レンズの帝王「プラナーT*1.4/50」をデジイチで遊んでいますが、
同じレンズを持つ部員2号さんから「フィルムで撮った?」と聞かれて、
そういえば、フィルムでは撮ってなかったと思い、レッツトライデス。

planar001.jpg
Canon EOS7s + Planar T*1.4/50

同じレンズで撮ったのかと思うほど、写りが違う。
断然、フィルムの方が魅力的。

planar008.jpg

カメラは「RTSⅡ」ではなく、OHを終えた「EOS7s」に初めてフィルムを通す。
SSが1/2000秒までしかない「RTSⅡ」に対して、「EOS7s」は1/4000秒まで
あるので、日中でも開放撮影が楽しめます。


 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login