JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

オモシロアイテム?

ネットで面白いアイテムを見つけたのです。

なんとアダプター本体のレンズマウントにEFまたはFマウントの交換レンズを装着すると、
スポッティングスコープとして利用できるようになるアダプター。

10.jpg


倍率は「レンズ装着時の倍率=装着レンズの焦点距離/Lens2scopeの焦点距離(10mm)」となり、
80-400mm F4.5-5.6レンズ装着時に8~40倍のスポッティングスコープに相当するとしている。

等倍マクロレンズ装着時は、25倍のルーペとして利用できるという。三脚座を備え、
800gまでのレンズ装着に対応。それ以上の場合はレンズの三脚座を使用する。

アイピース焦点距離は10mm。アイレリーフは20mm。画角は42度。明るさはF4。
レンズ構成は3群5枚。ダハプリズムを採用する。ひとみ径は2.5mm。
サイズは110×80×90mm。重量は185g。

まぁ当然マニュアルフォーカスなんですが、AFで手ぶれ補正が効いたら、ぜひタムの70-300mmを
使ってみたい(笑。
テーマ : ★カメラ&レンズ・機材    ジャンル : 写真
 
 

Comments

No title 
そういうレンズ遊びは大好きなので、ボーグから出ているレンズマウント→M57リングで、やったことがあります。でもお勧めはしません(笑)。
フランジバックの位置でベストに補正されるようにしているせいか収差がかなりキッツく出ます。
ひとみ径が2.5mmしかないのはつらいですね。マスターレンズに関わらず2.5mmなんでしょうか。暗いところはかなり見づらいかも。

とはいえひとみ径が大きけりゃ良いって訳でもないようで、以前中古カメラ市で激安のアクロマートMCクローズアップレンズをてにいれたので、コレを対物にして望遠鏡を作ってみたことがあるのですが、確かにすごい明るさだったもののコントラストが悪くて使い物にならず。光学設計の難しさを思い知りました。口径72mm/F4.6の双眼鏡が格安で作れると思ったのになー。
monさん 
なにげにチャレンジしてますな。

アダプター自体のF値が4.0なんで、あまり暗いレンズだときついのかな。
未だに双眼鏡とかの倍率がピンとこない・・・。

 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。