JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

RAWかJPEGか

これもカメラ雑誌のコラムに書いてあった話。

「RAWかJPEGか」お互いの言い分はこうだ。

・RAWはデータ量が大きいので枚数撮れないし、記録にも時間がかかる。
さらに専用ソフトが必要で処理にも時間がかかる。

・JPEGで撮ると画質が劣化するから、カメラ本来の性能が引き出せない。
後からのレタッチの幅も狭い。

でもそれはデジカメ黎明期でのお話。

RAWのデータ量が多いのは未だに変わらないが、現在はメディアの容量も多くなり、
転送速度も速くなっているので、高速連写をし続けない限りRAWでも容赦なく撮れる。

さらにパソコンの性能も向上し、JPEGと同じ感覚でレタッチ・現像が可能になっている。
そうなるとWBが自在に変更でき、露出±1段くらいは調整できるRAWのメリットは大きい。

ではJPEGはどうか、
JPEGで撮影するということは、カメラ内でRAW現像処理を行うということであり、
昔のデジイチは今よりもずっと画像処理エンジンの性能が劣っていたため、
RAWとJPEGの撮って出しの画像の差が激しかった。

でも、今のデジタル一眼レフカメラはカメラ内RAW現像性能が上がっていて、
AWBの精度も向上し、撮影時に露出などを追い込んで撮れば、
RAWで撮って下手に現像するよりキレイな画像が出せることもある。

じっくり絵作りしたいならRAW、そうでないならJPEGで良いかも知れない。

写真展に出すような大きな作品を作るならRAWで現像する方がイイだろうが、
キャビネ判程度ならJPEGで加工した画像でも充分だろう。

実際、印刷業界でも1回ならJPEGで色調補正して完成させる事もあるそうだ。
一度TIFFに変換させてから補正して戻すってのもアリだし。

まぁD800のロスレスRAWが約40MB、JPEG(FINE-L)が約16MBですからねぇ。
これを快適に処理するとなると、どのくらいのパソコンが必要になるのかな。
 
 

Comments


 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。