JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

イチキレナヲシ

フィッシュアイでもこを撮ってみました。

_2201849.jpg


今日発売のカメラ雑誌の誌上でも、OM-D、K-01、D800の記事が賑わっていましたね。
OM-DとD800は概ね好評価の記事でしたが、K-01に関しては賛否評論というか、
どう肯定すれば当たり障りのない記事になるのか、と言うものばかりでした。

ボクの気にしていたK-01の、ピントがあったときに画面が汚くなるのは、
どうやら、輪郭を強調してピントがあった事を教えているらしいです。
もっと他に方法がなかったのかなぁ・・・

ところで、CP+でパナソニックブースに置いてあった新レンズ。
「X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH POWER O.I.S」と
「X VARIO 35-100mm F2.8 ASPH POWER O.I.S」(M4/3初の2.8通し)だけでも嬉しいのですが、

なんと、X VARIO PZ 14-42/3.5-5.6用だと思っていた、ワイコン(×0.78)、テレコン、マクロ、
フィッシュアイのコンバージョンレンズがなんと14/2.5にも対応(テレコン除く)というのです。

あーでもパナのコンバージョンレンズっていつも高いんだよなぁ

あまり魅力無いけどシグマも2本出すし、高くて買えないけどフォクトの17.5/0.95もスゴそう。

今年もM4/3は盛りだくさんで面白そうですね。

ー ー ー ー ー ー ー ー キリトリ ー ー ー ー ー ー ー ー

あ、そうそうニコンV1、4.5万まで下がってきましたね。
FT-1と一緒でも6.3万くらいで逝けそうですね。

タダやはりV1はかなりの曲者で、撮影モードは一応プログラム、SS優先、絞り優先、
マニュアルとあるみたいなんだけど、ニコン1用レンズにはピントリングがないので、
基本的にMFの時にMモードで撮影できないとか、Mモードでは露出補正できるけど、
SS優先と絞り優先の時は露出補正出来まいとかいろいろ制限があるみたい。

フューチャーボタンと呼ばれるFnボタンのようなものも、割り当ての効かないムダボタンだし、
撮影モードやAFモードの切り替えもメニューから深く入らないと切り替えられないし、うーん。

2.7倍という高倍率も、50mmが135mmになったり、40mmマクロが108mmマクロになったり、
AF-Sレンズを美味しく使えそうだったのに、ボディの機能がコンデジ以下じゃなぁ・・・

V1の唯一良いのはD7000とバッテリーが共通だってトコくらい?
 
 

Comments

今度の日曜日 
新宿のニコンに行ってみようかと思っています
もともと散歩用にコンパクトなカメラも欲しかったので
V1が射程距離に入ったのを知ってからは
超望遠のことは抜きにしてもかなり気になっているところです
この前までV1なんて全く眼中になかったのに
自分の趣味のことでさえ先のことはわからないものですねぇ
(そのあと、夕方晴れてくれそうならば羽田へ行く予定~)
miyaさん 
おー行ってらっしゃい。
たぶんFT-1も試せると思うので、70-300USDもお忘れ無く。

ついでなんで、80-400VRとか70-200VRも試してみては?

そして折角の物欲に水を差すようですが、Nikon1の露出補正について追記ですが、通常LVで露出補正をするとモニタに随時補正効果が反映されるんだけど、Nikon1の場合は補正値を決めたらOKボタンを押さないと補正結果がモニタに反映されないんです。(それライヴじゃないじゃん)なのでやり直すとなるとまた補正ボタン押してダイヤル廻してOKボタンを押す、という行為を繰り返さなきゃならないんです。

まぁ操作性は1万以下のコンデジ並みなんで、ニコンサロンでじっくり触ってきてください。

 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。