JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

デジタルテレコン

デジタルテレコンは、E-P3に初めて搭載された機能です。

これはセンサーの中央部を2倍に拡大して、画像処理エンジンTruePic VIで足りない部分を補完して、
4600x3400の16MPのデータとしてJPEG出力する機能です。

これは、コンデジで言うデジタルズーム機能とは違って、例えば、デジタルズームは16MPから、
中央部の2300x1700の8MPのデータを切り出して出力するので、当然画質が荒くなるわけです。

ニコンのDXクロップモードはコレと同じですが、フルサイズからなので画質低下が少ないわけですが、
センサーサイズが小さいコンデジならなおさらということですね。

これに対して、オリンパスのデジタルテレコンは、その2300x1700の8MPのデータを補完して、
2倍の4600x3400の16MPのデータに復元することで、高画質を維持するという機能です。

初めはオマケ程度の機能かと思っていたんですが、これがなかなか使えます。

P5050487.jpg
通常撮影:換算80mm

P5050484.jpg
デジタルテレコン撮影:換算160mm

画質も言わなければ判らない程度なので、充分常用できますね。
センサーサイズ的に言ってもM4/3の半分なら、ニコン1くらいのサイズなので充分でしょう。

ボクはこのデジタルテレコンの機能を、シャッターボタンの隣の「Fn2」ボタンに割り当てて、
ピント合わせに使用しています。

それに加えて、AFターゲットをオールターゲットからグループターゲットにしておくと、
EVFの画像にターゲットの範囲が表示されるので、そこが大体デジタルテレコンの範囲になるので、
構図取りに便利です。

×10の拡大表示機能もあるんですが、それだと構図自体を見失ってしまうのでコイツにしています。
 
 

Comments


 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login