JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

冒険エトセトラ

「X-E1」の「フィルムシミュレーションブラケット」を試してみた。

「フィルムシミュレーション」とは、ニコンで言う「ピクチャーコントロール」だったり、
ペンタックスの「カスタムイメージ」にあたるものなのですが、フジでは自社フィルムである
「プロビア」「ベルビア」「アスティア」のイメージの画像が得られるとしている。

で、この「フィルムシミュレーションブラケット」は1回の撮影で、3つのイメージを
撮れる機能です。

PROVIA.jpg
PROVIA(スタンダード)

Velvia.jpg
Velvia(ビビッド)

ASTIA.jpg
ASTIA(ソフト)

「プロビア」はナチュラルな感じで銀塩写真に一番近いイメージ、「ベルビア」は彩度が高く
全体的に誇張したイメージ、「アスティア」はコントラストが高めで立体感がある仕上がり。

しかし、これもフォトショップを使える人には、色調補正でイジれる範囲内だろう。
なので「プロビア」が一番扱いやすいかもしれないですね。
 
 

Comments


 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login