JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

片思いの唐揚げ

ニコン初のAPS-Cセンサーを搭載したコンパクトデジカメが登場した。
おかげで何気に進化している「COOLPIX P330」がすっかり影をひそめてしまった。

有効1616万画素CMOSセンサー(23.6×15.6mm)に「EXPEED 2」と、
「D7000」と同じかと思いきや「A」のセンサーは流行りのローパスレスということで、
どこ製のセンサーかは不明だが換算28mm/F2.8の単焦点レンズと相まって高画質が期待できそう。

ISO感度はISO100~6400(拡張25600)、SSは1/2000~30sec、
最短撮影距離は通常50cmでマクロモード使用時は10cmとなる。
とスペックはローパスレス以外いたって普通。

大きさは「P7700」と「P330」の中間くらいでとてもDX機とは思えない大きさ、
軽いのかと思いきや持った感じは意外とズシリとしていた。

ボタンやダイヤルのクリック感もデジイチに近く上質の部類に入る。
しかもレンズバリア付きというのはありがたい。

ストラップ取り付け部は三角環を使用する両吊りタイプで、
取り付け部は「P7700」と同様に回転式だが右手側のみとなる。

外装は前後アルミ、軍艦部はマグネシウムを使用してはいるが若干高級感には欠けている。
12万円もするなら往年の「28Ti」よろしくチタン製にしてほしかった。

カラバリはシルバーとブラックがあるが、ここにコストをかけるなら軍艦部のみシルバーのコンビと
ブラックの2パターンにして、おまけ程度のグリップを排除して革張りにしたほうがカッコよかった。
(グリップは「ニコン1」同様に別売りで)

各社が好んで使うコントロールリングもマニュアルフォーカス操作に割り当てられているが、
EVFを持たないので絞りリングにしたほうがよかったのではないか、
開放絞りがそれほど明るくもないから面白みがないかもしれないが、
LVでのピント合わせなら前面リングよりも右手側のコマンドダイヤルのほうが合わせやすそうだ。

操作系はニコンのデジイチを踏襲していてダイヤルやボタン配置など、
ニコンユーザーなら違和感なく使えるようになっている。

フォーカス切り替えがボディ脇にありスイッチ式なので、
マクロ切り替えが素早くでき使い勝手がよさそうだ。

プレビュー画像の拡大縮小がボタン式なのもニコンのデジイチと同じなのが面白い。
これなら「P7700」よりもデジイチを使っている感が強いだろう。

APS-Cセンサー、小型軽量、単焦点レンズという縛りでいくとライバルは、
キャノン「EOS-M+EF-M22㎜ F2 STM」とソニー「NEX-3N+E 20mm F2.8」だろうか、
個人的にはAFも遅いしカタチも嫌いだけど、写りとコスパ考えて「EOS-M」かな。
大きさ無視なら絶対フジ「X-100S」

この「COOLPIX A」は過去に「35Ti」が売れず「28Ti」と出した過去のトラウマからか、
小型化ゆえか、28mmという画角が人気なのか、次はぜひ「35mm F2」で出してほしい。

 
 

Comments


 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login