JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

青空のそばにいて

それは4月中旬、1本の電話がかかってきた。
きっとあの人だ。

ガチャ

C「はい」
M「オレだぁ」
C「あ、先輩、なんですか?」
M「巨大豪華客船、撮りに行くぞぉ」
C「何処ですか?」
M「羽田からクルーザーに乗って、併走して撮影できるツアーがあるからついてこい」
C「あ、わかりました。で、いつですか?」
M「4/27、5/3、5/6の三日間だぁ」
C「え?三日間デスカ?」
M「どうせGW暇だろぉ、文句あるかぁ?」
C「いえ、ありません・・・。お願いします」
注)会話はフィクションでありMさんはジャイアンのような人ではありません(笑。

てなことで、サンセットクルーズとデイクルーズ、飛行機のみの屋形船クルーズと、
めずらしく撮影三昧の忙しいGWでした。

IMGP3854.jpg
K-5Ⅱs D-FA 100/2.8 Macro

まぁ結果として惨敗でした・・・船はまぁいいとして、飛行機と夜間撮影はほぼアウト。
ボクの腕が悪いのもかなりありますが、
ペンタックスの望遠撮影の弱さをあらためて認識する結果となりました。

けしてK-5Ⅱsの性能が悪いわけじゃないんですよ。
秒間7コマ連写、ローパスレス、-3EV超低輝度対応AF、
コンティニュアスAFの向上とK-5からの確実な性能アップは感じられるのですが、
いかんせん手持ちのキットズームレンズでは、その性能を引き出すことができませんでした。

やはり動体撮影では、ニコン、キャノンにかないません。

問題はふたつ。
ひとつはボディ内手ぶれ補正、利点としてはAF・MFを選ばず、
すべてのKマウントレンズはもちろんM42レンズでも
手ぶれ補正を利かせることができることだが、
望遠撮影ではあまり効果がないのが難点。
やはり望遠レンズ(特にズーム)はレンズ内補正の方が効果大と思える。

ふたつ目は明るい望遠ズームレンズの少なさ、
純正では「DA★50-135mm F2.8ED SDM」と「DA★60-250mm F4ED SDM」の2本のみ。
焦点距離も中途半端で、テレコンを使うにしてもどれも一世代以上前の代物で心もとない。
シグマやタムロンにしても、最新レンズのラインナップはなく、
手ぶれ補正のないレンズがほとんど、あったとしてもバカみたいに重いレンズしかない。

そうなるとやはりニコンになってしまうのだろうか、先日、後輩とそんな話をしていたら
「あんなに嫌っていたニコンに結局くら替えデスカ?」とからかわれたが、
こう周辺機材が揃わないのでは長いもの巻かれなければ仕方ないのだろう。

かといってmiyaさんのようにしょっちゅう乗物を撮りに行くわけではないので、
そんな大それた機材を揃える必要もないのですが、いざという時にいつも惨敗ではつまらない。

そこで、実際は買わないにしろ妄想するのは楽しいので、
望遠&動体撮影だけを基準にいくつか購入案を考えてみた。


 
ボディはD600かD7100にするとして、まずは明るいズームレンズを軸に考えていこうと思う。

明るいズームレンズといったら、もちろんF値は可変ではなく固定のレンズ、
しかもF2.8かF4だろう。贅沢を言えばF2.8のレンズがいいが、
値段も高いし大きくて重いという欠点もある。
値段的な問題はシグマやタムロンを選べばクリアするのだが、
重さとなるとさすがに1.5kg(+ボディで2.3kg)のレンズを持ち続けるのはちとツライ。

じゃあF4のレンズで最新のものとなるとニコンの「AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR」しかないが、
このレンズもけして安いレンズではない。
しかし、手持ち撮影が可能な明るくて軽いレンズとなると他にない。

D600
撮像素子:35.9×24.0mm/2430万画素(クロップ時1040MP)
連写性能:5.5コマ/秒
シャッター速度: 1/4000秒
AF測距点:39点(9点クロス)中央7点F8対応。

D7100
撮像素子:23.5×15.6mm/2410万画素(クロップ時1540MP)
連写性能:6コマ/秒(クロップ時7コマ)
シャッター速度:SS 1/8000秒
AF測距点:51点(中央15点クロス)中央1点F8対応。

ここで見る限りスペック的には、
センサーサイズ以外はほとんどD7100の方がD600を上回っているように思えます。
まぁそのセンサーサイズが一番ものを言うんだけどね。

望遠と動体撮影だけを考えるとD7100なのかな。

それでは、「AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR 」をD600とD7100で使用した場合の
各焦点距離を比較してみよう。

55555.jpg


通常、ニコンのカメラは開放F値がF5.6以上のレンズの場合オートフォーカスが作動しません。
ですが、D600とD7100はF8光束に対応しているので、
2倍のテレコンを使用した場合でもAFが作動します。

ここでは、DX機ではポピュラーな「70-300mm F4-5.6(換算105-450mm)」相当になるような
組み合わせを見つけていきたい。

まずD600では、基本的にテレコンを付けなければ400mmをオーバーしないが、D7100の場合は、
クロップ時で390mmまでになるので、夜間撮影でも十分使用できるだろう。
さらにTC-14EⅡ使用時ならば、420mmにもなり、クロップすれば545mmとなる。

軽量コンパクトでフルサイズのD600はとても魅力的なカメラだが、
動体撮影となるとD7100に一日の長があるようだ。

ということで、今回の目的である望遠&動体撮影という縛りでいくと、
D7100+70-200mm f/4 VRの組み合わせがベストなのだと考える。

気になるお値段は(5/8現在)・・・

Nikon D7100(ボディのみ):¥107,000
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR:¥129,800

合計:¥236,800

サンセットクルーズの時にひろさんが、マップカメラでレンズをレンタルしてきたと聞き、
それが以外と安かったので、ボディと単焦点レンズを買って、
たまにしか使わないズームレンズはレンタルするのもいいなとも思った。

じゃあ、D600とD7100両方買って、本格的にニコンに鞍替えするかな(爆。
 
 

Comments

 
GW3連チャン撮影お疲れ様でした。
船の夜間撮影が、いろんな意味で一番難しかったね。
昼間の撮影は、どれも楽しく撮影できたし、満足満足。
まぁ強いて言えば、3日の入港を撮りに行けなかったのが、悔やまれます。(笑
GWどうもありがとう。
ひろさん 
どうもどうも、2日間お付き合いいただきありがとうございました。
久しぶりの夜間撮影でカンを取り戻す前に船が去ってしまいました(笑。

3日間の中では、サンセットクルーズが一番よかったと思います。
撮影ポイント的には屋形船がよかったのですが、時間の少なさと、
波しぶきが危険すぎて・・・

また、面白そうなのを誘われたら、道連れさせていただきますね(笑。
Mです 
屋形船の波しぶきは恐怖でしたね~
窓開けてレンズ突き出してまた窓閉めて
スナイパーの気分でしたよ(笑)
それにしてもジンベイジェットを逃したのは痛かったー
たしかにK-5IIの望遠って
手ぶれがあまり効くという感じがしませんでしたね
私も一応ペンタ持ちなので
今度K-x+A17で飛行機を撮ってみてみたいと思います
「大それた機材」ってアキバレンジャーみたいでいいな
Mさんw 
D600なら
「AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR」
「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」
「AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR」
のF4通し推し。

占めて50万円、まさに「大それた機材」デス。

 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。