JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

ツンデレ!

サブ機を考える。

ではサブ機とはなんぞや。

身体はひとつしかないのだから2台もカメラを持っていっても仕方ないだろ、
とおっしゃる方もいるかと思いますが、サブ機と一言でいっても様々なパターンがあるので、
人それぞれでシチュエーションや機材によっても異なります。

カーレースや航空ショーといった動き物を撮影する場合は、
レンズ交換をする手間を省くためもありメインカメラに望遠ズーム、
サブカメラに広角ズーム、またはメインに望遠単焦点、
サブに望遠ズームなど焦点距離の違うレンズを組み合わせて撮影したりするのです。

プロであれば当然2台、3台体制でしかも同じカメラというのがセオリーでしょうが、
アマチュアは諸事情(金銭的?)によりそうはいかないので、その組み合わせは様々ですが、
同じメーカーのワンランク下のカメラがいわゆるサブ機になるパターンが多いです。

ひと昔前のデジイチだと、カメラのグレードの違いが顕著で、
メインとサブの写りに差があり組み合わせが難しかったのですが、
最近のデジイチではセンサーは同じで装備やスペックが違うだけのモノが多いので、
メインとサブの写りに大きな差が出なくなってきています。

ニコンであれば、「D7000」と「D5100」の組み合わせは抜群で、
ファインダーの見え具合の差はありますが、他はほとんど防塵防滴の有無くらいで、
「D5100」にはバリアングルモニターといアドバンテージもあるので、
この2台組み合わせであれば様々なシチュエーションに対応できるでしょう。
もちろん現行の「D7100」と「D5200」というのもアリ。

動き物以外の撮影でもサブ機は登場します。
例えば、メインに標準ズームを付けたフルサイズ機とサブにAPS-Cコンデジなんてのもあるし、
フィルムカメラとミラーレスカメラなんてのもある。

メインカメラがせっかくのレンズ交換式なのだから、
交換レンズを何本も持っていけばいいじゃないかと思われるでしょう。
たしかにそういった撮影スタイルもいいですが、
特にスナップ撮影のときなどは装備を軽くしていきたいので、
メインに単焦点レンズを付けたデジイチで、サブにはズームコンデジを持っていったりします。

とまぁ、長々と偉そうなことを書いてきましたが、要は「サブ機を買おう」ってハナシです。



僕の手持ちのカメラでいうと、メインカメラは「K-5Ⅱs」で、
サブカメラになりそうなのは「X-E1」、「E-P3」、「E-410」の3台、
なんと4台ともマウントが違うという有様です。

動体撮影を基本に考えるとメインの「K-5Ⅱs」には「DA★ 200/2.8 SDM」を付けるとして、
サブには「55-200mm」あたりの小型望遠ズームか、広角ズームを付けておきたい。

そうなると画質的には「K-5Ⅱs」と同等かそれ以上の「X-E1」となるが、
広角ズームはいいとして、最近発売された「XF 55-200/3.5-4.8」を買ったところで、
今後このレンズの出動回数を考えると出費がでかい気がする。

「E-P3」は小型でいいが、ミラーレス機なので動体撮影となるといささか頼りない・・・
以前のようにフィッシュアイを付けてサブ機として持って行くくらい割り切ってしまえばいいが、
そうなるとメインカメラのレンズを2本用意すとことになり、
やはり撮影中にメインカメラのレンズ交換をするのは煩わしかったとこを覚えている。

最後は「E-410」になる、ちょうど「40-150/3.5-5.6(換算80-300mm)」を持っているので、
日中だけならなんとか使えそうなので今度試してみようかとも思っているが、
いかんせんもう旧式の部類に入るデジイチだ。画質のほかにもAFやAEといったところで差が出そうだ。

なんだかんだ言っても「K-5Ⅱs」のサブ機には同じペンタのカメラでしょ。
ということで、候補としていくつかのエントリー機をピックアップしてみた。

pentax.jpg
*SDカード・バッテリー込(本体のみ)K-50の重量は単三電池

ほかに各機種の違いは「K-x」と「K-r」は、ペンタミラー使用の視野率95%だが、
「K-x」と「K-r」はペンタプリズム使用の視野率100%となっている上に防塵防滴仕様である。

「K-x」は「D90」と同じセンサーなので素性もいいし、小型軽量でサブ機にはもってこいだが、
全体的なスペックはひと昔感が拭えない、バッテリーが単3のみというのも好みの分かれるところだ。

「K-r」はセンサー、視野率、防塵防滴以外は「K-30」とスペック的に大きな違いはないが、
中古価格がいまだに高めなのが気になるところで、
「K-30」と発売時期に2年間の差があるにもかかわらず中古価格にあまり差がないないのが
ビミョーに割高感を感じる。

本命は「K-30」なのかもしれない、デザイン以外はとりあえず申し分ないスペックだ。
防塵防滴加工のせいか重量が重たくなったのがいただけないが、なによりグリップ感がすごくいい、
ただ中古価格がやや高く「K-50」が出てきので今後の価格変動を見た上で判断したいところ。

「K-50」はまだ中古市場にはほとんど姿を現していないが、
高感度以外は「K-30」とほぼ同じなのでサブ機としての魅力はイマイチ感じられないのが率直な意見、
だったら防塵防滴はいらないから海外販売のみの「K-500」のほうがコスパが高そうな気がする。

K500_1855_black.jpg


このシリーズは単3電池と充電バッテリーが併用できるというのがアピールポイントで、
現在あるデジイチの中で唯一の装備である。
しかし、いままで付属に充電バッテリーとチャージャーを付けていたのだが、
「K-50」では充電式単3電池とバッテリーホルダーを付属品にして、
充電バッテリーとチャージャーを別売りにしてしまった。
これはボク的にはありがた迷惑なので勘弁してもらいたい。

本来、「K-01」は候補に挙がるカメラではないのですが、
今回あえてサブ機ということでチェックしてしてみました。

スペック的には「K-30」に似ていて、ミラーレスであること、防塵防滴でないこと、
SSが1/4000秒までということ以外は大きな違いはない、
しかもこの「K-01」はセンサーが「K-5」と同じ1630MPなうえ、
2枚あるローパスフィルターを1枚抜いているのである。

これもデザイン的に若干抵抗があるのですが、あくまでサブ機ということで、
ミラーレス機も面白いんじゃないかと思った次第です。

そのうえ、中古価格も手ごろでこの値段ならサブ機として買い足すにも抵抗が少ない、
なにより今回ピックアップしたカメラの中で唯一バッテリーが「K-5」と共通なのがうれしいところ
(なぜかチャージャーは共有できない)。

ファームアップされてAF速度もいくらかマシになったようだし、
ただ問題はあの悪評高い側面のゴム製のカバーだ、ここには各種入出力端子が隠れているのだが、
スペースの問題なのかそれに混じってSDカードの挿入口まで収められている。

012.jpg


しかもこのゴムカバーを外した先にまたSDカード用にカバーが付いている、
実にわずらわしい上にこのゴムカバーはやたらと閉めづらく、元に戻すのが厄介らしい。
じゃあSDカードを出さずにUSBで直接パソコンに繋げればいいじゃないかと思うだろうが、
そのUSB端子もこのゴムカバーの中なのだ・・・。

で、思いついたのが「Eye-Fi」などに代表される「Wi-Fi付SDカード」だ。
これならばいちいちSDカードを取り出すこともなく画像を取り込めるだろう、
まぁメーカーによっていろいろな仕様があるようだがそれはこれから吟味することにして
(またネタがひとつできたな)「K-01」という説も出てきたな~

まぁ、また長々と書いてきましたが近いうちにあれだけけなしていた「K-01」を買っていたら
どうか笑ってやってください(笑。
 
 

Comments

ははは! 
とすでに笑っていたりして。「完全にネジの外れたヤツには、笑われたくない!」と先輩には言われそうですが。今回も、楽しく拝見しました。僕は、安くなっていたE-PL3を買えば、ルミックスのレンズが使えるのに、EOSMを買い、これでニコン、キャノン、パナと訳の分からん事になっていて。コンデジ買うはずだったのが、何故かAPS-Cって、自分でも分からん思考回路です。
トトロさん 
それでいいんです。
僕らのような物欲の塊は欲しい物を買えば良いんです。
マウントの互換性とか関係ないんです(笑。
K-01 
こんばんは
抜群の組み合わせを持つ者です

なーんか気になるよねぇK-01

ということで是非買ってみてください

一時期ずいぶんと中古価格が下がった頃
自分もシャレで持っていてもいいかもなんて考えたこともあって
一時ペンタのデジイチ候補に上がった機種でしたが
いざ使うことを考えると
やっぱりファインダーがないとダメなのよねぇ~
K-01に300mmをセットする気にはとてもなりません
miyaさん 
「K−01」、人気にお答えして「綾波カラー」で再販されるようですが、そんなに人気だったか?

まぁあの値段ならシャレで買ってもアリかな(笑。
手ぶれをK-5でも補正しきれないのに、K-01に50-300mmをつける気にはなりませんヨ(笑。55-200mmはコンパクトなのでギリかな・・・いやムリか?
ファインダーレスは一脚必須ということで試してみようか〜

 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。