JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

アイヲクレ

下の文章は2001年に発行された「季刊クラシックカメラ11号」に載っていた、
田中長徳氏のコラム記事の冒頭部分です。



「レンズ交換式のカメラで遊ぶ最大の楽しみは、どうも実際に写真を撮ることよりも、
カメラでいろいろ遊べる点にあるようだ。
この意味で1932年にライカが世界で初めてレンズ交換可能なシステムを発表したことは、
大変に画期的なことであった。つまりわれわれカメラ人類はこの時点で単なる写真機ではなくて、
レンズ交換することによっていろいろ遊べる「カメラの形をした玩具」を手に入れたことになるのである。
このことは将来にわたって記憶されなければならない。

 それまでのライカのボディには50ミリのレンズが固定されただけで、
そのほかにはなにも使えないというのが通常の小型カメラのレンズの方式だったから、
交換レンズによって自由に被写体を選択したり絞りを開いて、
背景をボカしたりするというようなことはそれまでの50ミリでは無理であったのが、
交換レンズの登場によってその使用範囲が大幅に広がったのであった。
一般的にはこの交換レンズの導入という事件が写真家の表現の幅を広げたということになっているけど、
それはそうでもあろうが、どうも実際には自分のカメラのボディに、あのレンズを付けたり、
このレンズを付けたりするということの楽しみのほうが、
実際に写真を撮影するということよりもその価値が上のように、
つまり手段と目的が逆になってしまったような点もある。
これはなかなかに形而上学的な展開であるから別に悪いことではない。
まぁカメラを楽しみとして扱うのであればそれもそれでよいということにしておこう。」



このコラムではその後「あのカメラにあのレンズを付けたらどうなるだろう」と
カメラとレンズのバランスを妄想することや、
同じ50ミリレンズのF値がF1.0とF1.2とF1.4では写りに違いがどう出るのか、
妄想することなどが書いてありましたが、たしかにそうですね。
どんなに有名な写真家でもレンズ交換式カメラを持った以上、
使ってみたいレンズや組み合わせなどがあるはずです。


そして、さらにカメラを玩具にした事件はやはりミラーレスカメラの登場でしょう。
フランジバックの短さを利用しマウンドアダプターを介して様々なメーカーのレンズを使えるようにした。
いわゆるオールドレンズブームの火付け役です。

銀塩カメラ時代にも、ペンタックスにM42のアダプターがあったり、
キヤノンのEOSでは、F、OM、PK、C/Yといったアダプターは存在しましたが、
ライカM/Lマウントやシネマウント(C/D)がデジカメで使えるようになったのはミラーレス機からです。

今まではレンズ交換といっても同マウントであるのが必須条件でしたが、
マウントアダプターを介すことによりほとんどのレンズを使用できるようになり、
いままで眠っていたオールドレンズにも光があたりました。

もちろん、機材などにはこだわらず純粋に写真を撮っている人も多いと思いますが、
鉄道ファンいわゆる「鉄ちゃん」に「撮り鉄」や「乗り鉄」があるように、
カメラを玩具と捉えるならば、「カメラコレクター」「フォトコン専」「ジャンクヲタ」など
われわれカメラ小僧にも様々なジャンルの人がいるのだろう。

カメラ雑誌なんかを読んでいると「カメラを手にしたからには毎週のように撮影に行って
良い作品を残さないといけない」みたいな変な強迫観念を埋め込まれそうになりますが、
人それぞれ違った楽しみがあっていいんじゃないでしょうか。

ボクも先日、X-E1用にMマウントアダプターを買ってしまい、これでもうずっと我慢してきた
フォクトレンダーの「ULTRON 28mm F2」を買わない理由がなくなってしまいましたw
 
 

Comments

自分に合った楽しみ方が 
色々できるのがカメラの懐の広さ深さですね~
レンズによって表現が変わるってのもまた底なし沼(^^;
いわたこさん 
なんまいだなんまいだ
リケノン55/1.2も併せて探しておきます(笑。

 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。