JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

虫のバラード

「フランジバック」という言葉をご存じだろうか?「当たり前だろ」と言われそうですが、
今一度簡単に説明すると「フランジバック」とは、カメラ内の撮像素子(フイルム面)から
レンズの取り付け部であるマウント面までの距離のことを「フランジバック」と言います。

「そんなのどれも同じじゃないの」と思っている方もいるかと存じますが、
フランジバックもレンズマウント同様、各メーカーそれぞれ異なるのです。
一眼レフカメラやレンジファインダーカメラ、ミラーレスカメラなどのクイックターンミラーの有無や、
デジタルカメラであれば撮像素子の大きさによっても変化が出てきます。

フィルムカメラ時代にもレンジファインダーと一眼レフによる「フランジバック」の差はありましたが、
レンジファインダーでは距離計が連動しない上、撮影できる焦点距離が限られていたので事実上不可能
とされていました。
一部「ビゾフレックス」や「フレクトスコープ」といった一眼レフシステムごとアダプターに
するようなモノもありましたが、とても実用的ではありませんでした。

フィルム一眼レフにしてもマウントアダプターを作るほど各メーカーのフランジバックに差がなく、
唯一、キヤノン「EOS」シリーズのEFマウントが他社よりもフランジバックが短かったため、
「M42」、「ヤシカ/コンタックス」、「オリンパスOM」、「ニコンF」などの
マウントアダプターがいくつか存在しました。
(Kマウントは絞りレバーがミラーと干渉するため無かった)

このように「フランジバック」は、フィルムカメラ時代にはさほど頻繁に登場する言葉では
なかったのですが、オリンパス「PEN E-P1」が登場しマウントアダプターによる
オールドレンズブームが起こった頃からよく耳にする言葉になりました。

そうです「フランジバック」が短いデジカメであれば、センサーサイズによって焦点距離が
変わってしまいますが、マウントアダプターを介することによって、「フランジバック」の
長いカメラメーカーのレンズがすべて使用できるからであります。

そんなこんなで、今ではマイクロフォーサーズとフジフイルムのボディに、「ペンタックスK」、
「M42」、「オリンパスOM」、「オリンパスPEN」、「ライカM」、「コニカAR」のレンズと
マウントアダプターを所持する始末。

しかし、今度コシナから発売されるヘリコイド付きのマウントアダプターが美しい。

01_20131022205232b49.jpg

マウントアダプターの中ではかなり高価だが、コイツとソニー「α7」の組み合わせは悪くない(爆。
 
 

Comments

やっぱりα7 
注目してましたか(笑)
α7は最近の流れでは最注目株ですね~

ただ、だんだん従来のミラー有り一眼が無くなりそうな気がしてちょっとコワイ・・・
いわたこさん 
「α7」スペック的にはいいのですがあのカタチでは・・・

ニコン、キヤノン、ペンタックスは一眼レフを作り続けるでしょうけど、オリンパスとソニーはミラーレスだけになりそうですね。

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login