JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

キスして損しちゃった

いままでオリンパスの「PEN E-P1」「PEN E-P3」「OM-D E-M5」、ペンタックスの「K-01」、
フジフイルムの「X-E1」とミラーレス機を数台使ってみましたが、
結果ひとつ言えることはミラーレス機にはボディ内手ぶれ補正が必須だってこと。

特にマウントアダプターを使う場合などは、パナソニックやソニーのミラーレス機では
手ぶれ補正が効かないため大変苦労する。
EVFの搭載されたカメラであれば、構えて撮影できるので多少は手ぶれを抑えられるが、
LVのみではISO感度とシャッタースピードを上げて撮るなど工夫しなければならない。

実際、手ぶれ補正機構を搭載しない「X-E1」にMアダプターで撮影するときは、
フィルムカメラ並みに神経を使って撮っていたけど、
EVFでのピント合わせはファインダーをずっと凝視できないのでツライ。

「E-M5」も「X-E1」もとてもいいデジカメだが、
やはりEVFはAF用でありマニュアルフォーカスでのピント合わせには向かないと思う。

基本的にミラーレス機はどうあがいても一眼レフデジカメの代わりにはならないし、
レンズがボディ内に収納されるコンパクトデジカメのような携帯性もない。

しかし、ペンタックス「Q7」よりも小さいパナソニック「GM」や、
フルサイズミラーレス機のソニー「α7/7R」など魅力的なデジカメが続々を発表されていますが、
どれもボディ内手ぶれ補正機構は持たないので、
Mアダプターで遊ぶのが前提の場合ちょっと二の足を踏んでしまう。

まぁ「α7」はあそこまでカッコ悪くなければ、手ぶれ補正がなくても買っていたかもしれないけど・・・

そうなると必然的にオリンパスになってしまうが、そのオリンパスも今は買い時ではない。
なぜなら先だってソニーとかなり強力な提携を結んだオリンパスは、
来年か再来年以降にかならずソニー製のあたらしい4/3センサーを搭載したカメラが出てくるからだ。

まぁそんな先の話をしてもしょうがないのだけど、
センサーが変わるとわかっていて中継ぎのデジカメを買うのは若干抵抗がある。

今買うなら「E-P5」ではなく「E-PL6」かな。

そういえば手ぶれ補正機構付きのミラーレス機ならペンタックスの「K-01」もそうでしたね。

コンセプトは悪くないんだけどデザインが酷すぎ(持ってるけど)、
メーカー側でさえ「デザイン的に失敗した」と言ってるくらいだからどうしようもない。

せっかくリコーとくっついたのだから、電子接点の付いたライカMマウントのミラーレス機を
出して別売りでKマウントAFアダプターも出せばいいのに。

来年、ライカからM4/3機が発表されるみたいですが、きっと中味は「GM」と「GX7」なんでしょうね。

 
 

Comments

やっぱりそうなんだ 
普通のコンデジでさえ
私は絶対手ぶれ補正が欲しいので
コンデジよりセンサーが大きいミラーレスで
よく手ぶれ補正無しで撮影出来るなぁと
常々思っておりました

でもやはり手ぶれ補正は必須ですか

お持ちのGRも手ぶれ補正がありませんが
28mmとはいえあれは大丈夫なのでしょうか
miyaさん 
なんかとりとめも無い記事書いてスミマセン・・・。
返答コメが長くなってしまったので記事にさせてください。

 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login