JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

天国野郎

最近「中古カメラはこう買いなさい!」なる本が出ていて、
ちょっと立ち読みしたのだけどこんなふうに買える人はどのくらいいるのだろうと思ってしまった。

レンズにしたらクモリやキズ、カビ、バルサム切れなどハッキリ言って
ガッツリ症状が出ている物は目視でもわかりますが、
薄いクモリなんかはLEDライトとか当てないと素人でもわかりませんヨ。

カメラにしてもファインダーのクモリとか、プリズムのカビだとか、露出計の精度とか、
シャッタースピードの精度とかその場じゃわからないことが多いです。

商品の状態を段階で表示していたり、値札にマイナスポイントを書いてあったりする店は、
細かい状態を聞いたら答えてくれたりするけど、フィルムカメラしか置いていない店は
ほとんど程度も注釈も表示していなので、聞いてもほとんどあやふやな答えしか返ってきません。

「安いんだから文句言うなよ」と言わんばかりです。

本に書いてあるような注意事項も中古品は千差万別なのだから右にならえではありません。

では中古カメラ&レンズのチェンバー的選び方を少々書いてみたと思います。

クモリ、埃、カビといった状態に関しては個人の許容範囲なのでどうこう言うつもりはありませんので、
買う場合の判断基準を書きたいと思います。
あくまでもこれはボクの個人的な意見なので参考にはならないかもしれませんのでご了承ください。

まずは現在販売されていない商品の中古品について、
これはもう今では手に入らないわけですから、ある程度お店を信用するしかありません。
なんでもそうですが、中古品を買う場合その品の状態の善し悪しよりも、
その店が自分とってどのくらい信用出来るかの方が大事です。

お店側も全部の商品を把握しているわけでは無いので、まずショーケースから出してもらったら
「コレどうですか」と店員に状態を軽く見てもらいのがいいでしょう。
このとき手にとって見もしない店員いるお店はあまり信用出来ません。

こういう信用が薄いお店では、もしダメでもあきらめのつくような値段の物だけを買う方がイイでしょう。
カメラのキタムラは全国にある中古商品を最寄りの店舗まで取り寄せて、現物を見てから判断出来ますが、
あまり信用出来ないネット販売やオークションなどでは高価な中古は避けた方がイイでしょう。

次に現行販売している商品の中古品について、
発売から1・2年程度の物なら、状態を見て1万以上値段差があれば「買い」だと思います。
それで美品・良品クラスでメーカー保証期間内ならなお良し。

カメラではあまりないのですが、レンズではロングセラー商品があるので、
その中古商品が10年以上前に買った物なのか最近買った物なのかは判断つきずらいことがあります。
シリアルナンバーなどでわかる場合もありますが、そこまで覚えていられないでしょうから
これも保証期間内の品ならOKですが、そうで無い場合は予算と相談して新品を買った方が無難でしょう。

ペンタのFAリミテッドレンズとか、キヤノンの50/1.8ⅡやニコンのDレンズなんかもその部類でしょう。
5・6年前に発売されたものならまだ価格差も少ないのでこれらは新品の方が安心かもしれませんね。

ま、中古品はだまされるのも勉強のウチなので、まずは自分の目を信じて買ってみましょう。
 
 

Comments


 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login