JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

アリガトウ

先日、友人から50歳代男性が使うオススメのミラーレスカメラをチョイスして欲しいと頼まれて、
さっそく調べてみました。

予算は10万円で中古でも可ということなので、それならほぼすべてのミラーレス機が範疇に入ります。

ただひとつ、ズームレンズキットでという条件がありました。
予算は10万円なのでなんでも来いと思っていたのですが、
この条件がけっこう選択肢を狭めることになるとは後で気づきました。

まず、大人の男性が持っても恥ずかしくないカメラを選びました。

オリンパス「PEN E-P5」(まずは王道)
オリンパス「OM-D E-M5」(E-M1だとガッツリしているのであえてE-M5をチョイス)
ソニー「NEX-6」(NEX-7ではなく、カメラとして使えるNEX-6)
フジフイルム「X-M1」(X-E2はデカイのでX-M1、X-A1はショボイのでパス)
パナソニック「LUMIX GM1」(シンプルコンパクト、本命)
パナソニック「LUMIX GX7」(至れり尽くせりの大人カメラ)

2004.jpg


次に、この6台の中から条件に合ったカメラを選んでいきます。
標準ズームレンズは、どのメーカーのカメラにも存在しますが、大人カメラということなので、
それぞれのボディにマッチするものでなくてはなりません。

そうなると、第一にオリンパスが消えることになります。
オリンパスのレンズには魅力的な単焦点レンズはいくつもありますが、
ズームレンズとなるといきなりチープな造りのレンズばかりになってしまうので、
ボディに似合うズームレンズがありません。
確かにF2.8通しのズームレンズもありますが、それではボディに対して大きすぎる上に、
予算オーバーになってしまいます。

残るは4台、次に考えたのは、普段持ち歩くとして鞄の中に入れて重く、
邪魔にならないカメラを選んでいきます。

そこで消えるのはフジフイルム。
「X-M1」に付いてくる「XC 16-50mm F3.5-5.6 OIS」は、レンズ事態はコンパクトで軽く、
性能もトップクラスですが、沈胴式ではないのでボディにつけた状態で上から見ると正方形になり、
結果、この中では大柄なカメラとなってしまいます。

解像感や描写性能からするとフジフイルムの右に出るものはいないのですが、
ズームレンズをつけるという条件ではここで落選せざるおえません。

この先レンズを買い足すことがないと想定しても、なにか1本でも買い足そうと考えたとき、
残った3台の中から、次の1本を考えてみました。

そうなるとここで消えるのは、ソニーになるでしょう。

キットレンズもイマイチですが、他のEマウントレンズ群には、
手ごろな価格のレンズにマトモなレンズがないので、
拡張性のなさからソニーを落選したいと思います。

ソニーならホントは「NEX-3N」にシグマの「19mm F2.8 DN」を付けて、超解像ズーム機能を使って、
35ミリ換算「28-57mm F2.8」の簡易ズームレンズキットにするのもアリなのですが、
これはデザインがいかにも女子カメラなので却下しました。

結果、残ったのはパナソニックの2台。
こうなると究極の小ささを取るか、EVF付を取るか、ということになってきます。

途中で気づいたのですが、「GX7」にはズームレンズキットの販売が無いんですね、
そうなると付属の「20mm F1.7」を次の1本にするか、下取りに出すかして、
沈胴式の「PZ 14-42mm F3.5-5.6」か、全長わずか49mmの「14-42/3.6-5.6Ⅱ」を
買うという手もあります。
「GX7」は昔の「LC1」を彷彿させるデザインで、
マグネシウムボディにボディ内手ぶれ補正付きと文句なし、
やっとPENシリーズに肩を並べられるカメラが出てきた印象です。

「GM1」はホントかっこいい、後々ライカブランドで出す前提で造ったのかと思うほど、
スタイリッシュでよくできています。

パナソニックは今後、「GM1」に似合うコンパクトなレンズを特別に用意するつもりはないようなので、
レンズを増やすつもりがないのなら「GM1」がオススメですね、「GM1」ならレンズキットを買って、
「GM1」に唯一似合うであろう「14mm F2.5」を買い足すものアリでしょう。

この2台は、最近発売されたばかりなので、まさに旬なカメラなのでどちらも買いの1台だと思います。

特にコンパクトでなくてもイイというのなら、フジフイルムという選択肢もありますが、
それなら別にミラーレスではなくて、キヤノンの「EOS Kiss X7」という手もあります。
「X7」なら十分コンパクトだし、光学ファインダーも付いているので、カメラとして十分使えるでしょう。
最近発売されたホワイトキスというのもありますが、これは大人の男が持つカメラではないかな。

コンパクトデジカメからステップアップして、ミラーレスやデジイチを使おうという時に
一番のネックになるのが、やはり、その大きさと重さでしょう。
結局、買ったけどあまり使っていないという話もよく聞きます。
大きければ持ち運びにかさばるし、重ければ持ち出すのが億劫になる。
それでもこれから写真を趣味にしようというのなら、それは何の問題でのないのですが、
やはり一般的に考えると軽量コンパクトに越したことはないですよね。

実際、PENシリーズだって常に持ち歩こうというサイズや重さではないですもんね。

もうひとつよく聞く話が、被写体にあまり近づけない、というもの。
これは、コンデジではマクロモードがあるので、
メーカーによってはどこまでも近づけるカメラもありますが、
そのつもりでミラーレスを買うと「あれ?」っということになります。
ミラーレスやデジイチでは基本、マクロモードは搭載していないので、
そういう場合はマクロレンズを買うか、「MACRO」表示のあるズームレンズを買うしかありません。

そうなると、結局あきらめて使い勝手のいいコンデジに戻ってしまう、なんてことに。

だったら究極、リコー「GR」という選択肢はどうだろう。

軽量・コンパクト・マグネシウムボディ・APS-Cセンサー、レンズは28ミリ単焦点ですが、
クロップ機能で35ミリ、47ミリの切り替えもできますので、
28mm〜47mmなら標準域のズームとして我慢できる範囲なのではないでしょうか、
しかもレンズバリア付なので、煩わしいレンズキャップもありません。


これはちょっと強引すぎるかもしれませんが、
ボクなりにエントリー&ミドルクラスのカメラをいろいろ使ってきたチョイスです。

本命:同率でパナソニック「GM1」と「GX7」この2台は好みで選びたい。
対抗:なにげに良かった。ソニー「NEX-6」
大穴:漢は黙って。リコー「GR」

何かの参考になれば・・・
とかいってボクが「GM1」買ったりして(笑。
 
 

Comments

 
パナソニック機も充分ショボイですよ。GM1なんかは小型化しすぎて落下する事例もあります。
NEXなんかもレンズつければ充分デカイですし、ミラーレス全般に言えますが、望遠レンズつければ目もあてられません。
通りすがり様 
はじめまして、まぁレンズ交換式カメラはいずれにせよデカイということですね。
個人的にはミラーレスカメラに望遠レンズは必要ないと思っているのですが、一般の方に売るためには仕方ないのでしょうね。

 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login