JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

隕石の確率

今年は新品のカメラやレンズはほとんど買わなかったけど、憧れの★レンズ、ヘキサーRF、タムロンの52B、
ウルトロン28/2と、ここ何年か欲しいと思っていたものが手に入った年だった。

その中でも「FA43/1.9リミテッド」はカメラを始めたときから、いつかは欲しいと思っていたので、
格安で手に入って本当に嬉しかった。

そこで「使うペンタックス」誌上で、「smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited」と
「smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited」についてのインタビューにおいて、
両レンズの生い立ちについて書かれてあったので紹介しようと思う。

元々、FAリミテッドレンズの企画は「MZシリーズ」のボディに似合うレンズが欲しい
ということで立ち上がった。(結果ボディが負けてしまったが・・・)

43ミリと77ミリという中途半端な焦点距離にした理由は、という質問に

「中途半端は目的ではなく結果です。43ミリは薄いパンケーキ的なレンズを狙った。
でも、開放F値がF2.8じゃ困る。F2を切りたい。そうすると50ミリは難しい。45ミリくらいがいい、
でも、40ミリに近づけようということで、43ミリになった。」

「43ミリは35ミリフィルムの対角線上の長さでもあって、
その長さが「標準レンズ」の定義であるということ。」

「F2を切ろうとするとガウスタイプ(レンズ構成の種類)がいいんですよ。
ガウスだと画角をあまり広げられない。するとガウスタイプで出せる焦点距離の短さとなると。
そこから43の数字にこだわりましたね。せっかく43ミリが対角線なので。
F1.9も奇をてらったわけではなくて、なんとかF2を切ろうということでF1.9になったんです。」

「77ミリの場合は、中望遠といえば代表的な焦点距離は85ミリですが、MZ用にもっと小さいレンズを作る。
そしてF2を切りたいということでスタートした。焦点距離をどのへんに設定するかという時に、
70ミリから80ミリの間だろうということになり、開放F1.8をまず設定して、口径を43ミリと合わせると、
だいたい77ミリが適当だった。最終的に77ミリに決めたのは縁起のいい数字だからです(笑)。」
(この時点では31/1.8が発表されたばかりだったので触れられていない)

と冗談混じりな答えでしたが、実際は、

「乱暴な計算だが焦点距離の77ミリをF値の1.8で割り有効口径を算出し、
85をこの数字で割ると1.99になる。この数値だと開放F値の表示は2にせざるを得ないが、
77ミリならF1.8を堂々と名乗れる」ということらしい。

そもそもキリのいい焦点距離とはなんだろう。50ミリや35ミリは数字的にはキリがいい。

しかし43ミリや77ミリを中途半端というならば、24ミリや28ミリも中途半端ではないだろうか、
現在50ミリレンズが標準焦点距離といわれているが、これはライツ社が提唱したもので科学的根拠はない。
よっぽど35ミリフィルムの対角線上の長さが43ミリだから標準レンズは43ミリと言われたほうが合点がいく。

なにもレンズの焦点距離がすべてキリのいい数字である必要な無い。
それよりは50ミリや85ミリのレンズよりも、43ミリや77ミリのレンズのほうがコンパクトならば、
ボクはそちらのほうがずっと魅力的だと思う。
 
 

Comments


 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。