JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

Let's get "あと1センチ"

以前、カメラ雑誌でソニーを出た旧コニカミノルタの技術者がパナソニックで
活躍しているという記事を読んだ。
(なんでも今は吸収合併されたソニーよりも多いのだとか)

今までのパナソニック製のミラーレスカメラというと、性能はいいのだけれど、
デザインや質感が「コンデジ並み」という印象が強かったが、
最近のパナソニック製品はデザインもカメラらしく、
質感も飛躍的に向上しているのが手に取るだけでわかるようになった。

一昨年に発表された「LUMIX GH3」を見たとき、
一瞬、昔のソニー「α」かと思ったほどだった。
M4/3とは思えないほどの大柄なボディ(これは賛否要論だが)、
ボディ上部に配されたWB、ISO、露出補正、ファンクションのボタン類、
ペンタ部などの造形は「ソニーα100」のようだし、
シャッターボタン周りは、「ソニーα900」を連想させる、
これならF2.8通しの大口径ズームレンズもバッチリ似合う。

ミドル機である「LUMIX G6」もパッと見「α-Sweet Digital」のようで微笑ましい、
「LUMIX GX7」も4/3初号機である「DMC-L1」を彷彿させるデザインだし、
「LUMIX GM1」においては、あの小ささでマグネシウムボディにアルミ製の軍艦部と、
質感だけなら「Nikon Df」を凌いでいるのではないだろうか。

パナソニックのこういった、一眼レフタイプのミノルタ化や、
レンジファインダータイプの原点回帰などはとても喜ばしいことだと思う。

ニコン「Df」のように、今あるパーツを寄せ集めて作ってみましたみたいなガラクタではなく、
ルミックス内でのカテゴライズを明確にすることで、
より多くのユーザーがルミックスを「カメラ」として選びやすくなったのではないだろうか。

昨年は、オリンパスがフォーサーズカメラ(一眼レフ)の開発中止を発表し、
ソニーは「NEX」の名称を廃し「α」に統一することによって、
将来的な一眼レフの廃止を示唆した。

今年は、この二社がミラーレスカメラのみとなることによって、
キヤノン、ニコン、ペンタックス、シグマの一眼レフ勢と、
オリンパス、パナソニック、ソニー、富士フイルムのミラーレス勢の二極化が、
さらに加速することになるのだろう。

なんにせよ、ユーザーにとって「持っていて、使っていて楽しい」カメラを作ってほしいものです。

 
005_201402042025165a5.jpg
今までのルミックス(DMC-GH2)

04_20140204202515530.jpg
最近のルミックス(DMC-GH3)

a900_005l.jpg
SONY α900

panasonic.jpg
Panasonic LUMIX DMC-GH3(2012)

sony201.jpg
SONY α100(2006)
 
 

Comments

管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
スミマセン 
ご指摘の通りα100でした。
α200で検索して比較記事から引っ張ってきちゃって間違いました。
あらホントだ 
パナソニックのカメラは全く眼中になかったので
気が付きませんでしたが
たしかにミノルタのカメラにとても似ていますね
miyaさん 
外野から見ると、ソニーのやったことは、会社乗っ取って技術だけ頂いて社員を切り捨てたようにしか見えないんだけど。
とりあえず、α900出してやってミノルタに義理立てたからポイっみたいな。

今、動体撮るならオリよりパナかも、てかM4/3より、miyaさんならNikon V2の方が・・・

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login