JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

記憶のジレンマ

モーニング娘。'14なら「譜久村聖」推し。


カメラメーカー各社の傾向と対策(そんな企画だったか?)のラストは富士フイルム。
ある意味、今一番オススメのメーカーかもしれない。

富士フィルムのレンズ交換式デジタルカメラは、現在、「X-Pro1」を筆頭に、
ミラーレスカメラが主流である。

元々フジは、2000年に一度、デジタル一眼レフカメラ市場に参入している。
ボディはニコンのOEMに自社製のオリジナルハニカムCCDを搭載し、
ニコンFマウントを採用していたが、オリジナルのレンズは発売せず、
ボディも4機種を発売し撤退した。

それから12年、満を持してハイブリッドビューファインダーを搭載した
Xシリーズ「X-Pro1」を発表した。

現在のラインナップは、レンジファインダータイプの
「X-Pro1」「X-E2」「X-M1」「X-A1」と、一眼レフタイプの「X-T1」がある。

交換レンズも「X-Pro1」発売当初は単焦点レンズ3本と寂しかったが、
第二弾の「X-E1」発売以降、この2年で、単焦点レンズ7本、ズームレンズ5本と怒涛のペースで、
主要レンズが揃ってきました。

今年以降も「18-135mm」「16-55mm F2.8」「50-140mm F2.8」「120-400mm」の
発売を予定している。

フジのXシリーズは、ミラーレスとはいえ極端に小型化せず、程よい大きさにまとめてきている。
オリンパスやソニーのミラーレス機が女子カメラだとすると、
フジのXシリーズは男子カメラといえるかもしれない。

ボク自身「X-E1」を所有していたが、使い勝手は悪くないGUIは独特だが、
ダイヤルなどアナログ的な部分もあり、シンプルで解りやすい。

レンズはどれも優秀で、単焦点レンズはもとより、標準キットレンズの「XF 18-55/2.8-4」は
クラス最高の画質と性能を誇り、廉価版キットレンズ「XC 16-50/3.5-5.6」も
「F3.5-5.6」クラスのズームレンズの中ではトップクラスの性能といえる。

フジ独自のセンサーから出てくる画像も、驚くほどの高画質、高解像度、
フルサイズカメラを含めて一番の解像感だ、という人がいるほど綺麗な写真が撮れる。

ボディ内手ぶれ補正機構がないのは痛いが、高感度撮影にも優れISO1600は常用、
ISO3200も十分に使えるので、高速シャッターとの組み合わせで手ぶれを防げるであろう。

ボクの第一印象は「精細」、同じ1600万画素のローパスレスセンサーを搭載した
「K-5Ⅱs」と比べても、「X-E1」の方が上であることがわかる。

現在最新の「X-E2」や今度発売される「X-T1」は間違いなく、
APS-Cカメラ最高の画質であると言えるのではないだろうか。

レンズは高性能なのだが、どれもいささか大きいのが難で、
レンジファインダータイプの「X-E2」などには、バランス的に大きすぎるレンズもあり、
特にズームレンズは操作しづらいときもある。単焦点レンズはどれも手ぶれ補正機構がないので、
初心者には二の足を踏む要因となるだろう。

故に、一眼レフタイプの「X-T1」で手ぶれ補正機構付きのズームレンズを主に使うのであれば、
この問題はすべて解消されるであろうと思う。

なので、単焦点レンズやマウントアダプターを使用して、
ゆっくり写真を撮りたい人は「X-E2」を、
それに加えズームレンズなどを使いたい人は「X-T1」を選ぶのがいいのではないでしょうか。

とにかくフジのXシリーズは、すべてが最新のシステムで揃ったデジカメなので、
レンズ、カメラ、アクセサリーなどすべてに統一感があり、
性能や画質面においても文句のつけようがない(質感はもう少し上げて欲しいが)。

ボクが「X-E1」を手放したのも、EVFの見え具合もあったが(これは個人差)、
使い始めてから、飛行機などの動体撮影以外は、ずっと「X-E1」ばっかりで、
普段、「E-P3」や「K-5Ⅱs」の出番がすっかりなくなってしまい。

カメラ道楽的に逆にちょっとつまらなくなっちゃったというのが、
理由のひとつでもありました。

でも「X-T1」はヤバいよねぇ~(笑。
 
 

Comments


 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login