JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

青春の稲妻

TVKの音楽番組?「saku saku」が今年3月をもって、13年間の放送にピリオドを打つ。

サクサクといえば、いきものがかり、平原綾香、アンジェラ・アキ、miwa、コブクロ、
一青 窈、キマグレンなど数多くの紅白出場者が、デビュー当時からゲスト出演している。

特に木村カエラは、この番組きっかけでブレイクし、本人が番組プロデューサーに直談判して、
CDデビューをしたのも有名な話。

初代MC、あかぎあい時代から観ている者としては、寂しい気もするがこの辺が潮時なのかもね。

といっても「この放送形態での」という断り付きなので、また違ったカタチで番組は続くのだろう。

あの内容であれば、別に朝の帯番組である必要も無いし、週イチで深夜の1時間番組で十分です。

特に最近は、ゲストコーナーでさえ黒幕さんの一人舞台で、すこしウンザリ気味だったので、
新しい形態の「saku saku」を楽しみにしたいですね。

できればラストは、歴代MCのあかぎあい、木村カエラ(無理か)、中村優、三原勇希をゲストに
呼んでもらいたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーキリトリーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、ハナシは変わりますが、なんとあの「スーパーセブン」が軽自動車で復活とか。

スズキの軽自動車向け660ccエンジンを搭載したケータハム・セブン130が発売。

2-980x653.jpg

搭載されるエンジンはスズキ・ジムニーなどで実績のあるK6A型の3気筒ターボで、
トランスミッションとしては5MTが装備される。

セブン130に設定された車両価格は349万6500円。

同タイプエンジンを搭載する欧州仕様セブン165は最高出力80psであったが、
日本仕様のセブン130では軽自動車規格の自主規制値でもある64psにデチューンされている。
またリアフェンダーの幅を削ることで全幅が軽自動車枠に収められた。

caterham-seven-165-cut_20140210211809200.jpg

日本仕様のセブン130は、一般的な出力の軽ターボエンジンの搭載になってしまったわけだが、
それでも車体重量はわずか490kg、パワーウェイトレシオは131ps/tである。
0-100km/h加速は6.9秒、最高速度は160km/hと公表されており、
スロットル全開を使った痛快な走りが楽しめるモデルとなりそうだ。

はじめて安心して乗れるセブンなんじゃないでしょうか、
過去にはコスワース、ローバー、フォードと様々なエンジンを積んできましたが、
やっぱり日本車のエンジンですよ、しかもスズキK6Aターボですよ。

日本にはちょうどいいボディバランスなんじゃないでしょうか。
乗ってみたい・・・
 
 

Comments

sakusakuは 
もう限界超えてた気がするね、肥大化しすぎたかも。

セブン130乗ってみたいな~、しかし値段が・・・
いわたこさん 
でも、栞ちゃんで3年やる前に終わらせたのは英断。
まぁオトナノジジョーがいろいろあったんだろうけどね。

セブン130、諸さんが独身だったら、「miyaさんが買おうとしてる」とデマ流して買わせたんだけど(笑。

 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login