JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

素敵な三角関係

普段スナップ撮りの時は全然必要ないのですが、船や飛行機を間近で撮影したい時などは、
換算20mmくらいの超広角レンズが欲しくなります。

ペンタックスで換算20mm になる、14mm~16mmくらいの単焦点やズームレンズとなると、
軒並み50k以上になってしまい、使用頻度の低さからなかなか手が出ません。

サードパーティ製ではありますが、サムヤンの「14mm F2.8 ED AS IF UMC」が、
安くて写りがイイと、とても評判が良いと聞きます。
けど、重量は540gと重くて大きい上に、マニュアルなのでピント合わせも難しいとのこと。

そこで思い出したのが、ニコンのワイドコンバージョンレンズ「NH-WM75」、
ニコンの標準キットレンズ用のワイコンで、ニコンのネットショップでしか買えないのですが、
リーズナブルな上、52mm径のネジが切ってあるので汎用性が高く、
ニコン以外のレンズでも取り付けられるので、ペンタやパナのレンズに付けて遊んでいました。

しかし、取り付けるレンズがそもそもキットレンズなので、画質面では期待できず、
ワイコン自体、ディストーション(歪曲収差)が激しく、周辺部は流れ、画質が低下します。
(なんちゃって魚眼レンズだと思えばけっこう楽しいのですが)

それでは、他になにか代わりになるワイコンは無いか、探してみたら有りましたよ。
リコー「GR」用のワイコン、「GW-3」です。

別売りのアダプター「GH-3」を経由することで、換算21mmの超広角撮影が可能になります。
最初は、コンデジにワイコンなんて、と思っていましたが、
「GR」はAPS-Cセンサーに28mm単焦点レンズなので、
ワイコンを付けても画質面において期待ができます。

しかも、専用バヨネット式ではなく「NH-WM75」と同じように49mmのネジが切ってあるので、
汎用性が高く、フィルター径が49mmのシグマ「DP1 Merill」に使っている人も多いようです。

「GW-3」はネット上で評判が高く、「DP1 Merill」を使用して、
「NH-WM75」と「GW-3」を比較している人もいて、それによると「NH-WM75」と比べて、
解像感がとても高く、歪曲が無いわけではないがディストーションもうまく抑えられていて、
すべてにおいて「NH-WM75」を上回ってるとのことでした。

比較記事

ただ、お値段が高く、「NH-WM75」の倍近くする上に、アダプターも買わないといけないので、
それなりの出費があります。
そこで、調べてみたところ、レンズを中古で見つけ、アダプターはヤフオクで見つけたので、
さっそく買ってみました(笑。

DSCN4595.jpg

新品で揃えるよりも8k近く安く揃ったので、遊ぶにもちょうどいいくらいです。

レンズは、付属品がリアキャップのみという代物ですが、取り付けづらいゴムフードや、
安っぽいフロントキャップは使わないので、良しとしましょう。
このワイコンはニコンの「NH-WM75」と違って、フロント部にも62mm径のネジが切ってあり、
通常のレンズキャップを取り付けることができる優れものです。
(奇しくもペンタックスのキャップがあったので、これを使います)

ただ、四方がケラレるので、保護フィルターやPLフィルターなどは取り付けられません。
(ステップアップリングを介してフィルターを付けている人もいるようです)

ヤフオクで落としたGH-3アダプターはまだ来てないので、試し撮りはまた今度・・・。
 
 

Comments


 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login