JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

Baby! Baby! Baby!

カメラバッグを考える。

カメラバッグでポピュラーなタイプと言えば、ショルダータイプのカメラバッグと言えるでしょう。
リュックタイプのものは、どちらかというと機材をたくさん持って、
長距離移動といったスタイルなので、スナップ撮影や機材の少ない場合は、
やはりショルダータイプの方が使いやすいように思えます。
ということで今回は、ショルダータイプのカメラバッグを考えていきたいと思います。

カメラバッグというと、まず名前が挙がるのが「ドンケ」が定番でしょうか、
続いて「テンバ」が有名で、最近ですと「ロープロ」、「KATA」、
「クランプラー」などが人気なのでしょうか、
三脚メーカーの「マンフロット」や「ヴァンガード」なども出していますし、
変わったところだと「ビアンキ(自転車メーカー)」や
「コンバース(シューズメーカー)」なんてのもありますね。

しかし、どれも、いかにも「カメラバッグです」と言っているようなバッグが多いので、
ボク的には、あまり触手が動きません。

メッセンジャーバッグで有名な「ティンバック2」などは、
中にクッションボックスを入れただけのカメラバッグを出していて面白いですが、
若干シンプル過ぎる印象もありますね。

カメラブームに乗っかって、「ポーター」や「ブリーフィング」といったカバンメーカーも、
カメラバッグを出したりしています。それはそれで、
カッコ良かったりするのですが、ちょっといいレンズが買えるくらいのお値段がするので、
二の足を踏みます。

そんな中、自動車のルーフキャリアで有名な「スーリー」からもカメラバッグを出していると聞き、
ちょっと調べてみました。

thule-perspektiv-messenger-bag_01.jpg

一見、通常のメッセンジャーバッグのような印象で、案外悪くないです。
フラップ式ですが、上部の止水ジッパーからも出し入れができます。
お値段もリーズナブルでいい感じなのですが、ショルダーベルトの長さ調整をする金具が、
大きな金属製なので、なんかの拍子にカメラに当たったりしないか不安が残ります。
あと、インナーケースが上から見ると台形なので、収納量がどのくらいか気になるところですね。

それと、パソコンバッグを手掛けている「incase」のカメラバッグも面白そうです。

incase-bag-005-big.jpg

いかにもインケースらしいデザインで、とてもカメラバッグには見えません。
フラップの開き方も独特で使いやすそうです。ですが、これ、ショルダーバッグではなくて、
ディバックタイプのワンショルダーバッグでした。
これだと、バッグを背負った時に、中のカメラ類が横倒し状態なんですね。
これはちょっと不安なので一考する余地がありますね。

すると、やっぱりカメラ用品としてのカメラバッグではなく、
自分のお気に入りのブランドのバッグや、もっと機能的なバッグにインナーケースを入れる方が、
使いやすいのかもしれませんね。

以前、紹介したブリーフィングのショルダーバッグなどは、
メインスペースのほかに幾つも細かい収納スペースがあり、
とても丈夫で長く使えそうだし、カメラバッグだけではなく、
普段使いも出来るのでとてもいいのですが、50kはちょっと高いかな。
ブリーフィングには他にもカメラバッグとして発売されているモデルもあります。
こちらも機能的で使いやすそう、インナーケースも取り外せるので普段も使えますが、
こちらも同じくらいの値段なので、ファッション性重視の人向けかな。

その他になると、フィッシングバッグなどを利用するパターンもありでしょう。
あまり機材は入りませんが、ミラーレスカメラや小型一眼レフを一台だけ入れるなら十分だし、
なによりおしゃれです。ただ、ナンチャッテだと安っぽいし、
本格的なのは30kからするので、釣りを趣味にしている人は両方使えるのでアリですかね。

そこでボクが考えたのは、帆布のショルダートート(ショルダーベルト付きのトートバッグ)に、
インナーケースを入れて使うというスタイル。

こういったショルダートートならば、大体5k~15k程度で買えますし、
デザイン的な差もあまりなさそうですね。
ショルダーベルトを調節できるタイプやメインスペースをジップで閉じれるタイプなど、
好みに合わせて選べるでしょう。

R0000801.jpg

今回、ボクが選んだのはセール品で5k以下でしたが、ポケットが外に二つ、中に一つあり、
メインスペースはマグネットボタンで留められるタイプ、ショルダーベルトは調節できませんが、
ちょうどいい長さでした。

DSCN4606.jpg

失敗したのは、バッグの内寸を測って、それに近いサイズのインナーケースを買ってしまったこと。
これだと機材はたくさん入りますが、バッグ自体がパンパンになってカッコ悪くなってしまう上、
外ポケットなども使いずらくなってしまいました。
こうなると「アイツなにバッグに詰め込んでるだ」ということになり、カッコ良くありません。

このほかにも、メッセンジャーバッグのようなタイプや、
LLビーンのような防水加工のあるナイロン製のショルダートートなど、
リーズナブルでかっこいいバッグがあります。

283408_01469_7.jpg

カメラバッグの場合、機能を取るか、ファッション性を取るか思案のしどころです。
ボク的には、収納性や機能性を重視して、かっこ悪いバッグを持つくらいなら、
それらを多少犠牲にしても自分の好きなバッグを持ちたいですね。

ただバッグは、使ってみないとわからないところがあるので、
ボクが使いやすいと思ったバッグが皆さんが使いやすいとは限らないですから、
バッグ選びは難しいですね。

だからバッグが増えていっちゃうんですけど・・・。
 
 

Comments


 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login