JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

僕のYELL

某カメラ誌でこのような記事が載っていたので、
ボクの意見も交えて予備知識として抜粋して紹介したい。

フィルムカメラからデジタルカメラへと進化した大きなポイントとして、
ISO感度の変更、ホワイトバランスの変更、ピクチャーコントロール、
デジタルエフェクトなどが挙げられる。

ISO感度の変更は、フィルムカメラでは基本的にフィルムを1本入れたら、
そのフィルムはすべて同感度で撮るというのが常識であった。
しかも感度はフィルム側に設定してあるため、ISO100、400、800と使い分けようとすれば、
それぞれ別のフィルムを買う必要があったのである。

リバーサルフィルムでも、ISO400のフィルムをISO800で撮影し、
増感現像するということも出来たが、これはあまり一般的ではなかった。

デジタル化によって、このISO感度を1カットごと自由に変更できるようになったことは、
デジタルカメラにとって大きなメリットの一つである。

デジタルカメラでは、ISO100から25600などという感度まで設定できるため、
夜間撮影では、ISO感度を上げ、より速いシャッタースピードで撮影することができ、
動体撮影においては、ISO感度を上げることで、シャッタースピードを稼いで、
動体ブレなどを抑えられるようになったのである。

もうひとつ、デジタル化の大きなポイントとしてホワイトバランスが挙げられる。

これは、簡単に言うと色味の調整機能のことで、白が白く写れば他の色も正しく再現されるため、
ホワイトバランス(WB)と呼ばれている。

リバーサルフィルムでは基本的に撮影後に色調整が不可能なため、
正しい色調にするためには撮影時にレンズへ色温度変換フィルターや色補正フィルターを装着し、
色味を調整しなければいけなかったのである。

フィルムはISO感度の種類ほかに、屋外用(デーライト)と室内用(タングステン)の
大きく分けて2つのフィルムが存在したが、デジタルカメラでは、WBを設定することで、
太陽光、曇り、日陰、蛍光灯、電球など様々なシチュエーションに対して対応でき、
WBをカメラが自動的に合わせてくれるオートホワイトバランスという頼もしい機能もある。

他にも、画像仕上げというような基本的な描写傾向を決める設定ができたりするのも、
デジタルカメラならではである。各社呼び名は違うが、
ピクチャースタイルやピクチャーコントロールといったものがそれである。

具体的には、描写傾向を左右するパラメータである彩度、コントラスト、シャープネス、
色傾向などを変化させた組み合わせがいくつか用意されており、
それぞれ、ナチュラルとかビビッド、ポートレート、風景などのように名前が付けられている。

デジカメならではな機能として、オリンパスで代表される「アートフィルター」という機能がある。

これは、一般的には「デジタルエフェクト」と呼ばれ、
フォトショップなどの画像処理ソフトでの画像処理の延長上にあるもので、
手間を惜しまなければ大体は再現可能で、ラフモノクローム、クロスプロセス、
ジオラマ、ソフトフォーカスなどの多くはフィルム時代からある表現方法なのである。

このほかに、HDR(ハイダイナミック合成)などもデジタルエフェクトのひとつだ。

このような、フィルムカメラでは行えない処理機能は、
現在はどれも画像処理ソフトにおいて加工できるため、
加工の手間や調整の加減だけで、ホワイトバランスもピクチャーコントロールも
デジタルエフェクトのひとつと考えていいだろう。

こういったデジタルエフェクト効果は、あまりにも手軽で優れた効果を得られることから、
いまだに「カメラに撮らされている」という意見もある。
(トリミングやPL、NDといったフィルター効果を「悪だ」という輩もいる)
しかし、カメラの歴史を辿ればいつものことで、
AE化やAF化の時も同じようなことが言われていたが、
今ではみんなが当たり前に、AEやAFに頼ってラクしている。

デジタルエフェクトも同じことで、どんな機能でも「何を使うか」より、
「何を表現するために利用するか」だ。
ただし、「何かを表現するために」を考えすぎると難しくなるので、
とりあえず撮影を楽しむためにデジタルエフェクトを利用するのが正解だろう。

デジタルエフェクトは好きじゃないので使わないという人も多いだろう。
そういう人は、ジオラマを撮るときはチルトレンズを買えばいいし、
ソフトフォーカスを撮るときはソフトレンズを買えばいい、
そして、モノクロームを撮りたいときは、ライカのMモノクロームを買えばいいだけのハナシだ。

ただ、そういった人たちも画像処理ソフトで、
ホワイトバランスやピクチャーコントロール(モノクロ化など)を調整したりする。
そこでトーンカーブやレベル補正といった細かい色補正をしないのであれば、
「カメラに撮らされていない」かもしれないが、
そういった人は「ソフトに使われている」と言われても仕方がない。

写真はすべて「現代アート(美術・芸術作品)」だと勘違いしている人がいる。
それは正しくもあり、正しくないともいえる。

あくまでも写真はカメラを使って「アリモノ」を写しているものであり、
いわゆるフォトコンなどに投稿される風景写真やスナップ写真などの作品は、
写真作品としてすばらしいとは思うが、自分が創造したものではないので
決してアート作品ではない。その一方、蜷川実花や清川あさみなどの作品は、
自分の創造する表現方法のひとつとして写真を使ったアート作品と言えるだろう。
同じ写真だが分野が違うのだ。

デジタルエフェクトの賛否は、写真はあくまで写真であると考える人と、
写真は表現方法のひとつだと考える人の差なのかもしれない。
 
 

Comments


 
<- 09 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login