JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

KONJO

またまた買ってしまいました。
これ以降出てないシリーズ第三弾、「SMC-PENTAX 55mm F1.8」

R0001591.jpg

1975年、永らく続いたねじ込み式のスクリューマウント「M42マウント」から、
バヨネット式の「Kマウント」に切り替わりました。

翌年の1976年には、レンズ設計を大幅に見直し、より小型化されたMレンズが
発売され、初期型Kレンズは約1年の短命なシリーズとなってしまう。

Kレンズのレンズ設計の多くは、それまでのタクマーレンズのレンズ設計を
引き継いだモノが多く、いくつかのレンズはそれ以降発売されなかった。

そんなMシリーズにも、その後のAシリーズにもさせてもらえなかったレンズを
なぜか集め出してしまったワケです。

コレまでにも「SMC-PENTAX 24mm F3.5」と「同 35mm F3.5」を揃え、
今回の「55mm F1.8」は偶然ネットで見つけてしまいポチッと・・・

このレンズは、特別どうこう言うレンズではないのですが、設計に無理が無いので
ボケ味もキレイで意外と立体感のある描写をするようです。
その後1977年に誕生した「PENTAX-M 50/1.7」に道を譲るまで製造されました。

まぁ、Mレンズ以前の時代のレンズは、当時、F1.8の明るさを持つ50ミリのレンズを
小型に作る技術が無かったため、55mmにしか出来なかったらしいです。

その他にも「30mm F2.8」や「85mm F1.8」があるけど、未だに高価ですね。

前出の三本のように、これ以降「同じ焦点距離、同じ開放F値」というレンズが
出なかったものもあれば、Kレンズには小型化によって設計が変わってしまった
レンズというのもいくつかある。

それらのレンズの特徴は、小型化を意識していないため、多くのレンズは大柄ですが、
その分、描写性を追求したレンズがあるという評価が多いそうです。

その中でも、ボクの所有しているのは、「28mm F3.5」と「35mm F2」の二本。
28ミリはフツーのレンズですが、35ミリは素晴らしいレンズです。

他にも小型化によって重量が半分になってしまった「20mm F4」や
ペンタックス随一の銘玉と言われる「28mm F2」がありますが、やはり高価ですね。

まぁでも、Kレンズ集めもコレで打ち止めですかね。
「85mm F1.8」も探そうかと思ったけど、コレを買ってしまったので・・・


R0001587.jpg

「smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited」

今日はコレで神楽坂をうろうろしてきました。
現像が上がったらまたアップします。
 
 

Comments

おおう! 
FA77先に逝かれちゃったな~(^^;
街中はいいでしょうね、考えただけでも楽しそう。
いわたこさん 
デジイチにつけると120ミリになっちゃうから、
このレンズもやっぱフィルム用かな。
MZ-3との組み合わせは最強デスヨ。

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login