JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

ファースト・ラビット

実は「EOS 6D」を買う前は、コイツを買おうかと思っていました。

21_201410312142408f7.jpg

PENTAX K-S1

はぢめてネットでみたときは「なんじゃこりゃ」って感じだったのですが、
人を見かけだけで決めつけてはいけません(笑。

「K-30」で尖ったデザインに走り、「K-50」ではある意味守りに入ったペンタですが、
この「K-S1」ではまた違ったアプローチを見せてくれました。

誤解を恐れずにいえば、これこそがデジイチのあるべき姿かもしれません。

デジタル一眼レフカメラをひとつのカテゴリーと考えるならば、
意図的にフィルムカメラを踏襲したデザインは、ある意味保守的である。
懐古主義的な自分が言うのもなんなんですが・・・w

フィルムカメラの左側の出っ張りは、フィルム(パトローネ)が入る部分であり、
必要不可欠な空間であるけど、デジイチにはフィルムが必要ないため、
左側の出っ張りは不必要なものとなる。

ここにモードダイヤルなどを置いて、いかにもカメラ然とするのは、
ユーザーへ媚びへつらっているようにも捉えられる。

デジタル一眼レフカメラは、もっと特有のデザインを模索するべきでは
なかったのではないだろうか。

このカメラは、その答えをひとつ見せてくれたように思いました。

早速、量販店へ触りに行ったら意外と好印象なわけで。

024.jpg

グリップ部のLEDばかりが目立ちますが、よくみると意外とオーソドックスなデザイン。
ボディ左側を短くしたおかげで、よりレンズが構えやすくなり、
特にタテ位置が構えやすい。
グリーンボタンの位置は微妙ですが、前面にダイヤルがあればなお良かった。

19_201410312142389d9.jpg

十字ボタンの外側にモードダイヤルを持ってきたのは、省スペースに一翼を担っている。

このカメラを通常のK二桁シリーズにしなかったのはある意味正解で、
今後のペンタックスエントリー機の指標となるであろう存在感だ。

往年のMZシリーズにおける「MZ-S」のような存在だろうか。
それをフィルムカメラに例える辺り、ボクの方がよっぽど懐古主義ですね。
 
 

Comments

K-S1かー 
そーだったのですかー

KS1と聞いて初代スーパーバイカーズミニを思い出すオッサンです
ペンタックスのカメラの名前ってカワサキのバイクを連想するものがありますね
(一部自走機関車を思い浮かべますが)

文章序盤を読んで思い浮かべたのが
オリンパスのE-1です
あれも左側の出っ張りがありませんね
E-300/330のあのスタイルもきっと
おっしゃっているようなことから導き出されたものだったのでしょうね

この前、目黒で3K台でE-300が出たときは
後先考えずにとりあえず買おうかと思ったですよ
即SOLD OUTでしたけれど
ヤバイヤバイ
miyaさん 
このスタイルは、オリンパスE-1やニコンE2に通じるものがありますよね。
あの時はデジイチというのはこういう形になるのかと思いましたが、
やはりユーザーには受け入れられなかったのか、ニコンD1で修正しましたね。

さすがに今更E-300は無いでしょ(笑。

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login