JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

歌いたい

今年もしょうもないブログにお付き合いいただきありがとうございました。

2014-032.jpg

今年は自分なりに、いくつかの写真展に行き、自分の写真について考える年でした。

何かテーマを持って撮るべきなのか?
フォトコンなどにチャレンジすべきなのか?

でも、どう考えてもボクの中で写真は道楽であり、それ以上でもそれ以下でも無いと
思ってしまいました。

クルマやバイク好き、時計マニアと同じレベルかな。

木村伊兵衛や土門拳がどんな写真を撮っても、所詮、写真は絵画や陶芸や漫画などの
芸術作品には遠く及ばないと、個人的に思っているからでしょう。

どうにも写真には芸術性が感じられないからです。

先日「アーホ!」という現代アートのTV番組を観て、そのとき強く感じたのですが、
清川あさみや蜷川実花のような、写真を表現方法のひとつとしている作品は、
現代アートのひとつと言っていいのかもしれませんが、写真を撮っただけでは
例えいい構図で、すごいシャッターチャンスでも写真は、所詮、写真です。

写真を撮ること自体は好きです。

ただ、今までは繁華街の看板や日本語の付いたものを避けて撮っていました。
まぁ自分なりにどこでもない場所の写真を撮りたかったのかもしれないし、
結局は格好つけたかったのでしょう。

来年はそういうことにとらわれずに、泥臭い写真にもすこし挑戦してみたいと、
今、そう思いました。
 
 

Comments


 
<- 11 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login