JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

捕食者たちよ

コシナのフォクトレンダーブランドのレンズは、どれも個性的で独特の描写をし、
造りは堅牢で、コストパフォーマンスも高い。
現代の大手メーカーには、決して作ることの出来ないレンズである。

そもそも、コシナがフォクトレンダーという聞き慣れないブランドを選んだ
理由のひとつは、ひとつのカメラがさまざまな名前のレンズを持っているのは、
ライカとコンタックス(ツアイス)とフォクトレンダーの3社だけだったから。

レンズの名前、そうライカならズミクロン、エルマリート、ツァイスなら、
プラナー、ディスタゴンなど著名なレンズが多い。

そこでコシナの新しいレンズには、F1.5以上の大口径レンズにノクトン、
F2までのものにウルトロン、F2より暗いレンズには(カラー)スコパー、
異常低分散ガラスを使用したものにアポ・ランター、特殊な焦点距離のものに
ヘアリーといった名称がつけられることになった。

ボクが使ったことがあるのは、「NOKTON classic 35mm F1.4 SC」、
「ULTRON 28mm F2」、「NOKTON classic 40mm F1.4 SC」、
「ULTRON 40mm F2 SL Aspherical」の4本。

どれも素晴らしく魅力的な写りをします。

で、EOSをドナドナしてしまったので、「ULTRON 40mm F2 SL」も手放して
しまったのですが、珍しいヤシコンマウントの「ULTRON 40mm F2 SL」を
見つけてしまいました・・・

P9060208.jpg

これまた珍しい「LH-40S」付き、このフードだと保護フィルターを隠せるので
とてもスタイリッシュになります。
でもなぜか、マウント近くの鏡胴がシルバーなのが気に入らない。

ボクにはもう一本欲しいフォクトレンダーのレンズがあります。
これがこの「NOKTON 58mm F1.4 SLII N」

nokton58.jpg

このレンズ、発売当初はニコンとペンタックスマウントが用意されていたが、
現在はニコンマウントしか無いため、マウントアダプターも一緒に考えたけど、
今はペンタックスマウントの中古が出てくるのを待っている状態です。
 
 

Comments


 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。