JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

ハート、叫ぶ。

雑誌企画で開かれた座談会での話を中心に僕なりの意見も交えて、
最近のデジカメ界隈のネタを少々・・・。

話題の5000万画素超えの「EOS 5Ds」ですが、結構使うのに気を遣う
カメラだとか、レンズを選んだり(基本Lレンズ)、ブレ対策で三脚を
ちゃんと使わないといけないとか、いろいろと作法の必要なカメラで、
ソレを全てちゃんとやったあかつきにはちゃんとした結果が得られる。
という、ある意味すべてにおいて言い訳できないカメラ。
スタジオで広告とか撮るカメラマンには向いているカメラなので、
耐性が強いからめちゃくちゃレタッチする人とか、ヨコ位置をタテ位置に
したい人とか向けだそう。
ニコンの「D800E」のときもそうだったように、「EOS 5Ds」を使うと
「あぁ、やっぱりね」っていうことになって、結局フルサイズは1600万画素
で充分ってことになる。
センサーも結局、APS-C2400万画素のフルサイズ版、つまり「EOS 7D Mk2」
をフルサイズにしただけで、高感度耐性の弱さまで引きずってしまったのは
期待はずれだった。
ニコンが「D800E」を出さなきゃ、キヤノンはこれ作らなかったのでは。

ボクもこの意見には賛成で、さすがにフルサイズ1600万画素の時代は
終わってる感がしますが、今のところ2000~2400万画素あれば充分ですね。
APS-C機も1600万画素あれば充分、2400画素になれば当然解像感もあがり
ますが、それに相対して回折ボケも気になりだしてくる。2400万画素機は
1600万画素機よりも1段分明るいF値で回折が目立つようになるそうです。
「EOS 3D」を出す際は、シグマのフォビオンセンサーのように三層で、
1800万画素×3で、5400万画素センサーにして欲しいですね。
あとニコンと同じ、なんちゃってローパスレスなのもいただけないですね。

APS-Cセンサーのデジタル一眼レフカメラの主流が2400万画素になり、
フルサイズ機も5000万画素時代に突入して、各メーカーの最新レンズは
どれも解像度重視になって、開放からカリカリに写り、収差もフレアも
ゴーストもないレンズになっています。

デジタル時代のよく写るレンズというのは、端から端までしっかり写って、
等倍で見てもビクともしないことなのでしょうが、フィルム時代のよく写る
レンズというのは、ちゃんと立体感のある写りをするレンズのことです。

一部のアマチュアユーザーは、プロが建築とか仕事で求める写りと、
アマチュアが趣味で楽しむ写りを同じ土俵で戦わせようとしている様な気がする。
カリカリを求める人はカリカリのレンズに出会わなければ悪いレンズだと言い。
でも柔らかさを求める人にとってはカリカリのレンズがどんなに解像度が
高くても嫌なレンズになってしまう。

例えば同じメーカーが、50mm F1.4のレンズで、「解像度重視」と
「描写性重視」の2種類のレンズを造るなんて、そんな振り幅を持って販売する
ことは出来ないだろう。

デジカメが主流になってからのレンズには、距離指標の付いていないレンズが
多いですね。高価なレンズには付いていますが、安価なレンズには付いていない
のがほとんどで、これはオートフォーカスのレンズで無限遠を出す精度が難しい
(温度で変わるとか)からだと言われています。
なので距離指標はまじめなメーカーほど付けたがらないそうです。
安価なレンズはオーバーインフで造った方が楽なので、そこでコストをさげて
いるのかな、
だから以前よりも高画素機で撮影すると「前は合ってるように見えたのに」
なんてことが起こるらしいです。

今はどのメーカーのレンズも高性能で高解像度になって、メーカーの個性
というのが希薄になってきている様に思う。
描写性能だけで言えばサードパーティ製のレンズの方が純正を上回っている
なんてこともある。個性的なレンズが欲しければMFレンズになるけれど、
コシナのツァイスやフォクトレンダーのレンズがおすすめである。

シグマの「50mm F1.4 DG HSM Art」などは、現行の50ミリレンズの中で
トップの描写性能と評価されている。たしかに性能的には高いけど、絞りが
被写界深度と光量のコントロールだけに来ちゃって、絞りによって性能差が
変わらないレンズだという。
それを善とする人にはそれでいいけど、昔ながらの判段絞れば少し線が
締まるとか、コントラストがちょっと上がるとか、柔らかく撮りたいときは
絞りを開けて、シャープにしたいときは絞るみたいな、「写真的」な描写性能を
求める人には前期型の「50mm F1.4 DG HSM 」の方が良いのだそうです。

そりゃボクのことだから、お小遣いが無尽蔵にあったなら、ライカだろうが
ハッセルだろうが、EOS 5DsRにLレンズ全部そろえてなんてことしちゃい
そうですが、現実はそんなに甘くないですw。

写真を撮り始めて何年か経ちましたが、未だに何が撮りたいのかわかりません。
写真を撮ること自体は好きですが、撮った写真をフォトコンに出したりする
気もないので、結局のところカメラが好きで、色々なレンズで撮った写真を
眺めるのが好きなのだろうというところに落ち着きました。

ボクは基本的に動きものをメインに撮らないので(猫くらい)、AFレンズも
あまり必要ありません。
なので現行、オールド合わせ100本以上レンズを試した結果、
開放からシャープで隅々までよく写るレンズよりかは、個性的でいわゆる
「味のあるレンズ」を好むようになりました。
開放ではフワッとした描写だったり、周辺光量不足だったり、ゴーストや
フレアが出たりするレンズが大好物ですw
なので自然と現行レンズではなくオールドレンズへと手が伸びていくわけです。
 
 

Comments


 
<- 04 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login