JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

他の星から

週明けからのフォトキナを前に、新作レンズの情報が続々と。

先日紹介したソニーの「FE 50mm F2.8 Macro」が日本でも発売になりますね。

FE_50m.jpg

どうせ、ミノルタ時代からのAマウント「SAL50M28」の焼き直しだろうと
思っていましたが、どうやら新設計のようですw

が、イマドキ鏡胴が伸びたり、距離や倍率が色分けされたりしてるところは、
なんともミノルタっぽいw

売値は、量販店で実売59Kということなので、最安は50K前半かヨンキュッパ
ってトコでしょうか?
単焦点レンズは、ズームレンズと違ってモデルチェンジのスパンが長いため、
初売り値から値下がりがほとんど無いです。


う〜ん50Kかぁ・・・やっぱFE50/1.8でお茶を濁すかなぁ〜と思っていたら、
コシナからこんなレンズがっw

heliar_v.jpg

HELIAR Vintage Line 50mm F3.5」

個性的っw

これは、2001年にコシナからヘリアー101周年記念モデルとして発売された
「BESSA-T Heliar 101」のセットに同梱(2009年に単体発売)された
沈胴式レンズのLマウント「HELIAR 50mm F3.5」とスペックこそ近いが、
今回は、以前のような沈胴式ではなく、外観のイメージは、国内未発売の
ニコンSマウント用の「HELIAR 50mm F3.5」に近いそうだ。

レンズ構成や絞り羽根などは以前と同じですが、マウントがVMマウントとなり、
最短撮影距離が、以前より30cm短くなり70cmとなった。
「VM E-Close Focus Adapter」を使えば、ミラーレスカメラでも使用でき、
接写も可能になるので、かなり魅力的なレンズだ。

メーカー希望小売価格が税別6万5,000円で、前出のFE50/2.8マクロの
希望小売価格が税別6万8,000円ということで、実売価格も近そうなので、
買うならヘリアーかな。



もう1本は、同じコシナから「NOKTON 58mm F1.4 SL II S」がデザインを
一新して発表された。

nokton58_201609181650140d2.jpg

鏡胴デザインを、ニコンの非Aiレンズに寄せてきた。
本家も「Df」を発売した際に「AF-S 50/1.8G」をそれっぽくして出したけど、
やっぱここまでやらないと面白くない。

なぜニコン純正でこういうことをやらないのか?

既存のマウントを変更したことのないニコンとしては、常に新しいカメラを
ユーザーに提供することがポリシーのように思っているようだが、たまには
ペンタックスのリミテッドレンズのような遊び心があってもいいと思う。
 
 

Comments

どれも 
興味をそそられるレンズですね(^^
でもkマウントはないんだよな~orz
コシナって今も面白いな 
LマウントっぽかったりAiっぽかったり
まさかこんなレンズが出てくるとは
しかもカッコイイ
こういうのが今に発売できるというのは素晴らしいですね
ノクトンの方はDfに着けた画像を見ましたけれど
個人的にはレンズのなつかし再現度が高すぎて
逆にボディがなぁという印象です
自分が持っているニコンのボディにはどれも似合わなそう
いわたこさん 
α7にすれば、画角の制約からも、マウントの呪縛からも開放されますよw

ペンタも新しいミラーレス機を出すウワサがあるじゃないですか?
まだ、マウントを増やすのか?
miyaさん 
>ノクトンの方はDfに着けた画像を・・・

あれは、ワロタ酷いですよね(笑。
レンズに対してボディが貧相w
あのレンズに合うのは、いいとこ「F3」くらいからですかね。

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login