JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

悲しみの忘れ方

久しぶりにアイドルヲタネタなので、興味の無い方はスルーしてくださいw

DSC01571.jpg



 
乃木坂46の白石麻衣の写真集の売れ行きがすごい。
当初10万部発行だったのが4/7の発売日前の予約の段階で、二度の重版がかかり異例の13万部発行、しかしそれでも足りずに発売日翌日に5万部の増刷、驚異の18万部スタートとなった。
そして、初週売り上げ10.4万部と、女性ソロ写真集の最高記録を塗り替えた。

白石麻衣のすごいのは、女性ファンの多さだが、それ以前にルックスがずば抜けている。
古くは天地真理からアイドルを観てきたボクだが、これほどルックスがパーフェクトなアイドルは今まで見たことがない。
どんなに美しいと言われる女性でも、どこかアレっと思う角度があるが、白石麻衣にはそれが無い。彼女がデビュー前から出演していた「乃木坂ってドコ?」を初回放送から欠かさず見てきたボクだが、映画、TV番組、ファッション誌、グラビアなど、どのカットにおいてもパーフェクトでブサイクになるシーンはひとつとしてない。(ドキュメンタリー映画と観てもらいとよくわかる)

乃木坂46と欅坂46は、ある意味アイドル史上類を見ない存在だ。
イメージ戦略がハッキリしていて、表題曲とされる楽曲はグループイメージを崩すことはしない。
それが坂道シリーズが成功した理由であり、ポリシーだ。
特に乃木坂46はルックス重視で、10人以上のグループアイドルといえば、カワイイ娘は1~2割程度だが、乃木坂46は8~9割と言われる。
そんな中でもトップなのが白石麻衣である。

歌唱力、ダンス、ルックスが平均点以上のアイドルは、今までも何人もいた。
NMB48の山本彩がそのひとりだ。
ルックスがパーフェクトなモデルや女優は何人もいるが、ことアイドルとなると40年以上振り返ってもルックスで白石麻衣の右に出る者はほとんどいないだろう。

そんな彼女が、写真集では、グラビアアイドル顔負けのセクシーなショットを惜しげもなく披露している。そんな写真集が売れないわけが無い。

しかし、そんな彼女も乃木坂46に所属している今だからこそ、こんなにも売れるのだろう。
これがもし、グループを卒業してからだったらココまで売り上げを伸ばしただろうか。

事の発端はおニャン子クラブからだろうか、それまでアイドルと言えば、単独というのが主流で、グループアイドルと言ってもメジャーどころは、2人ないし3人というユニットがほとんど、デビュー前からメディアに露出し、アイドルの成長過程を見せるということはなく、まぁ7割程度のアイドルはボイストレーニングを充分に受けてからデビューしていたのだろう。

それが、おニャン子クラブが登場し、偶然にも素人同然の女の子が歌っちゃいました的なことがウケ、アイドルの成長過程を見守るという日本特有のヲタ心に火を付けた。
そして奇しくもその中から何人ものトップアイドルが生まれた。

その後、アイドルブームは一時衰弱するが、また偶然にもモーニング娘。という歴史的アイドルグループの誕生する。オーディションの負け組が這い上がるというストーリーがファンの共感を呼び、それを機に日本のアイドルブームが今一度華開くのである。
そしてAKB48のブレイクにより、アイドルは文化となる。

だがしかし、ジャニーズのアイドルとは違い、女性アイドルの華は短い・・・その路線を貫き通しているアイドルは、松田聖子とパフュームしか存在しない。

グループアイドルに所属していた者は、卒業してからはその路線から逸れ、女優やタレントなどに転向する。歌手を続ける者もいるが、工藤静香のようなアイドルは稀で、そのほとんどはグループにいた頃のようなヒットも人気も衰えてしまう。

モーニング娘。の安倍なつみや後藤真希しかり、AKB48の前田敦子や大島優子にしてもファンの熱量は、当時の熱さを感じられない。やはりメディアの露出や握手会やイベントなどでの出会える機会が減ってしまうのも要因のひとつだが、グループ名の肩書きが消えてしまうのもそのひとつと考える。

ではどうすればいいのか。

これはある意味、坂道シリーズにしか出来ないことであるが、それは、グループに所属しながら、今までとは違ったペースで、別行動できるユニットとして活動するのである。

女性アイドルのひとつのターニングポイントは、25歳だろう。
10以上年の離れたメンバーと同じペースで仕事をするのは、本人の意向とは別の力が働くのかもしれない。

それならば例えば、乃木坂46のお姉さんユニットを作ってしまえばいい。
仮に「乃木坂R」としよう。
22~23歳になったらそのユニットへ移籍出来る権利が与えられるのである。
プロ野球でいうFAのようなもので、そのままグループに残り、いつか卒業することも出来るし、ユニットへ移籍すれば、今までのような過密スケジュールでは無く、モデルやタレント、女優といった個人の仕事をメインに、グループとは違ったスパンでCDを発売したり、握手会をしたりする。
そのかわり、乃木坂46本体の表題曲には参加できなくなる。しかし、コンサートなどでは一緒に活動するという新しい形態のアイドルユニットだ。

いままで、別々のアイドルグループメンバーが、個々に集まり新しいアイドルグループを作ることはあったが、グループには所属しつつ別稼動し、時には合同するというスタイルは過去に例を見ない。

メンバーのひとりが卒業した後、新たなメンバーを募集してユニットを立ち上げたことはあるが、成功した例は見たことが無い。

このシステムであれば、イヤらしい話だが、乃木坂46というブランドを存続したいという大人側とメンバー側の利害が一致し、ファンもずっと応援しがいがあるだろう。

ハッキリ言って、白石麻衣であれば、卒業後もモデルや女優としてある程度成功するだろう。
しかし、ファンは確実に減るだろうし、衛藤美彩や秋元真夏といったアイドルを埋もれさせるのはもったいないのである。
テーマ : 乃木坂46    ジャンル : アイドル・芸能
 
 

Comments

うわ 
もこちゃん悪い顔~w (^^;

自分は秋元康の顔が浮かんでしまうのでおニャン子からダメだったんですよね~、つんく♂は良かったんですが・・・
いわたこさん 
乃木坂と欅坂は、とにかく映像がキレイなのでオススメです。

あーでも、いわたこさんにはHKT48の「なこみく」がオススメかなw

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login