JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

不等号

時間があればと言っておきながら、欲望を抑えきれずビオゴンの試写もしてきましたw

g01-056.jpg
Biogon T* 28mm F2.8(Kodak ULTRAMAX 400)

完璧と言えるほどに補正されたディストーション。
高いコントラストと解像力が生み出す立体感ある描写。
どの紙面もこのレンズを紹介する記事は、必ずこの賞賛の言葉から入る。

g01-047.jpg


確かにレトロフォーカスで、ここまで歪曲収差が補正されているのは素晴らしい。
このレンズはネイチャー系よりも、街撮り(特に建築物)を撮るのが楽しい。

g01-058.jpg

あいにくの空模様で、せっかくの高コントラストが見られないが、解像力の高さは見ての通りだ。
プラナーは安いフィルムでユルく撮るのも楽しいが、このレンズはちゃんとしたフィルムで撮りたい。

g01-067.jpg


オマケ

あまり得意でないし、街中で90mmは使いづらいので、ベランダで猫写w

g01-028.jpg
Sonnar T* 90mm F2.8(Kodak ULTRAMAX 400)

ゾナー特有の柔らかいボケ味はもちろん、ヒゲの一本一本を写し出す描写力もさすが。
G1は90mmのAF精度がイマイチと言われるが、いやはや立派なもんですよ。
 
 

Comments

 
GボディにBiogon28mmをつけっぱなしでいいと思う。(笑
ひろさん 
ファインダーではナニがなにやらなのでw
出てきた写真にビックリですよっw
ここまでとは思いませんでした。
コレはフルサイズじゃないと面白くないですね。

ただ、ボディがもう少し軽ければ・・・(笑。

 
<- 11 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login