JUST PHOTO iT

JUST PHOTO iT

 

裸足でSummer

望遠ズームを買うはずが「FE 50mm F1.8」を残して「α7RⅡ」を買ってしまうという、なんともボクらしい顛末に終わったのですが、肝心の望遠ズームはどうしましょうか?(笑。

まぁ購入品目が望遠ズームからデジカメに路線変更になったのも、ボク自身が望遠ズームをさほど使わないからであって、そんな中でも「FE 70-200mm F4 G OSS」は結構使った方で、均一な描写性能とキレイなボケ味から、桜や紅葉の撮影に重宝しましたが、乗り物撮影には、やはり役不足でありました。

そこで考えたのは、「α77Ⅱ+FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS」という組み合わせでした。
これなら中古で15万以内で収まりますし、APS-Cですが手持ちのミノルタAFレンズも使えて、一石二鳥と思えたのですが「α77Ⅱ」がどうにもしっくりこない。

ならソニーに拘らず、動体撮影ならキヤノンでしょ。
ということで、「EOS80D+EF70-300mm F4-5.6 IS Ⅱ USM」はどうかと考えました。

80d_70300.jpg

この組み合わせでも、中古で15万円以内に収まります。
がしかーし、ボクのことだから、キヤノンでレンズを集め出すと思い却下しました(笑。

せっかく高画素機の「α7RⅡ」、クロップしても1900万画素なのだから、コレを使わない手はない。
シグマのマウントコンバーター「MC-11」と、最新の「C 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」を組み合わせて、一気に400mm、クロップで600mmってのはどうだっw
この組み合わせなら、中古で10万円以内だし、動体撮影なら文句なしのチョイス。

sigma100400.jpg

しかしこれも、「MC-11」を買ってしまうと、シグマのレンズを集め出しかねない(笑。
24-105/4とか、24/70/2.8とか、重いから買わないけど・・・
それよりなにより、ボクの望遠ズームの使用頻度で、100-400mmは大げさすぎる。
「SEL70200G」のようにひょいと持ち出せる大きさでもない。

ボクのメイン被写体が乗り物ならば、これ以上の選択はないのだが、「α7RⅡ」を買ったのも原点回帰という気持ちもあった。

そもそも、ソニーのミラーレス機を買ったのも、フルサイズ機で手持ちのオールドレンズで遊ぶのが目的だったはずだ。

それが結局、純正AFレンズを3本も買ってしまい。
オートフォーカスの楽ちんさに溺れてしまったのである(笑。

では、手持ちの機材を利用してなんとかならないか考えた。
しかし、Eマウントの望遠ズームで、300mmまでカバーする一番安価なレンズは、当初買おうとしてた「SEL70300G」になってしまう。

それならば、純正Aマウントアダプター「LA-EA3」を使って、Aマウントレンズを利用しよう。
Aマウントの望遠ズームで、300mmまでカバーするレンズは、「70-300mm F4.5-5.6 G SSM II」と「DT 55-300mm F4.5-5.6 SAM」の二本。

sal55300.jpg


「SAL55300」はAPS-C用なので換算105-450mmになりますが、コンパクトでボク的な使用頻度なら十分なスペックでしょう。(中古で2.5万円はかなり魅力)
欲を言えばフルサイズ対応の「SEL70300G2」の方がイイのですが、中古でも10万円近くします。でも、このレンズには旧型の「70-300mm F4.5-5.6 G SSM」があって、これなら中古で4.5万円で手に入ります。

これなら勢いでどっちか買ってしまいそうだなぁ(笑。
 
 

Comments


 
<- 07 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Chamber

Author:Chamber
管理人の”Chamber"(チェンバー)といいます。日記を中心に、最近買った物や今使っているオススメのモノを紹介したり、居候ネコ「もこ」の日常をレポートします。

FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

Archive RSS Login